yukimis blog

それが、yukimiクオリティ。
yukimis blog TOP  >  駅探訪  >  駅探訪~信越 >  旧軽井沢駅記念館

旧軽井沢駅記念館

軽井沢駅が開業したのは明治21年(1888)、群馬県側の横川とを結ぶ碓井馬車鉄道の駅として。更に同年には日本海側の直江津と軽井沢を結ぶ鉄道が完成しました。

新幹線開通前の軽井沢駅舎は明治43年(1910)に建築されました。しかし新幹開通を期に従来の駅舎は取り壊されましたが、当時と同様の屋根材などを使用して、平成12年に北口のすぐ脇に(旧)軽井沢駅記念館復元されました

1階は信越本線碓氷峠越えに関する資料室。2階は貴賓室。

駅舎を抜けると1番線ホーム。高崎、上野方面行きの電車が停車していました。次の駅は横川、標高差は約550m。

明治26年(1893)には碓氷峠越えを普通のレールの中央にギザギザのレールを敷き、機関車の歯車と噛み合わせながら急勾配を上り下りする方式のアプト式ラックレールを採用した鉄道が開業しました。
電化されたのは明治45年(1912)、その際、鉄道院が明治45年(1912)にドイツより輸入したのがこの電気機関車10000形(EC40)です。旧駅舎の裏手、旧信越本線1番線ホーム前に保存されています。

アプト式鉄道から普通の車輪のみで走行する方式に変わったのは昭和38年(1963)。急勾配走行のために電車や列車に補助機関車2両が峠の麓側に連結され、勾配を上るときは後押し、下るときは先頭で抑速をする役目を果たしていました。そのEF63形の電気機関車も旧1番線で保存されています。

特急あさま号に乗り機関車を連結する間の数分の停車時間、ホームに降り深呼吸したときの空気の爽快感は最高でした。

.
最後に、旧駅舎の前に何やらわからないような車両が。。。。
これは草軽交通の電気機関車デキ12で、大正初期から昭和37年まで軽井沢と草津温泉を結んでいた鉄道で、この電気機関車が小さな客車や貨車を引いて走っていました。

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印)   [375]

[ 2011年09月30日 23:33 ] カテゴリ:駅探訪~信越 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

yukimi

Author:yukimi
yukimis blog

カウンター
08/3/20~:
13/2/24~:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ(全件)
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム