yukimis blog

それが、yukimiクオリティ。
yukimis blog TOP  >  百寺社巡礼  >  百寺社巡礼~埼玉、栃木、群馬 >  二荒山神社 神苑

二荒山神社 神苑

ニ荒山神社拝殿の横に塀に囲まれた神苑と呼ばれた地域があります。

拝殿の後ろ、入口すぐのところに石玉垣に囲まれて立つのが高野槙。 弘仁11年(820)に弘法大師が日光参詣の際にお手植したと伝えられる樹齢千年を超える老木です。

拝殿に向かって建っている神輿舎は、元和3年(1617)に東照宮の仮殿の拝殿として建てられたものを、寛永年間に現在地に移し替えました。日光では現存する最古の建物。中には3体の御祭神がのる神輿3基が納められています。

銅製の灯籠は通称「化(ばけ)灯籠」。夜に火を灯すとゆらゆらと怪しげな姿に変わり、何度も警固の武士に切りつけられた刀傷があります。

.
境内末社として。。。
日枝神社  〈御祭神〉大山咋命
山の神様の大山咋命をお祀りしています。社殿は小さくとも嘉祥元年(848)年に慈覚大師によって祀られたとされ歴史は古いみたいです。現在の本殿は明治42年(1909)、本社本殿の後方にあった後殿を移したもので、正保年間(1644~48)頃の築。

大国殿  〈御祭神〉大己貴命
男体山の神様でもある大己貴命の別名は大国主命。大国主命は仏教の大黒天と同一視されて、招福の神として祀られています。毎月第2土曜日に縁日が開かれ、6月には「だいこくまつり」が開催されます。

朋友(みとも)神社  〈御祭神〉少彦名命
御祭神の少彦名命は二荒山神社本社の御祭神大己貴命を受け日本の国土造成に参加した神様。社殿もミニですが手前の鳥居もミニサイズ。

.
別宮 滝尾神社の遥拝所がありますが、鳥居横の御神木は境内でも最も大きく樹齢700年、高さ60m。

二荒山神社本社の西に1キロ程入った山中に鎮座する滝尾神社にもある、結ぶと人との縁、仕事の縁等に恵まれるという「縁結びの笹」、そして子宝に恵まれる?「子授け安産の石」。

.
二荒霊泉である。本殿後ろの恒例山の洞窟からわき出て、眼病に効く霊験があるとされる名水「薬師霊泉」と、滝尾神社の境内、天狗沢のほとりにわき出る名水「酒の泉」を集めて、この神苑の池に引いています。
泉が完成した当時(昭和46年(1971))でしたが、栃木県衛生研究所の水質検査では、無色透明、水温12度、菌類0、硬度26.68という「美味しい水」。霊泉の前のあずま屋では霊泉を使ったコーヒーなどが飲めます。

何でこの区域にこれだけのものが集まっているかは不明ですが、とにかく御利益、パワースポット盛りだくさんのエリアでした。

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印) [523]

[ 2010年04月05日 07:09 ] カテゴリ:百寺社巡礼~埼玉、栃木、群馬 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

yukimi

Author:yukimi
yukimis blog

カウンター
08/3/20~:
13/2/24~:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ(全件)
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム