yukimis blog

それが、yukimiクオリティ。
yukimis blog TOP  >  百寺社巡礼  >  百寺社巡礼~埼玉、栃木、群馬 >  日光東照宮3 サルとゾウ

日光東照宮3 サルとゾウ

表門をくぐった広場にある建物は。。。

正面に建つのは上神庫・中神庫・下神庫の三神庫。中には春と秋に行なわれる「百物揃千人武者行列」で使用される馬具や装束類が収められています。
どの建物もきらびやかですが、上神庫の屋根下彫刻は狩野探幽下絵による「想像の象」が施されています。
    

.
西側奥にある御水舎と輪蔵です。
  

輪蔵には、八角形の回転式の書架があり、一切経1456部、6325巻が納められていました。
  

御水舎は、水にちなんで波や竜の彫刻に極彩色が塗られています。
  

.
極彩色の建物の中に唯一の白木造りの建物が神厩。いわゆる馬小屋なので漆とかは使用していないのでしょう。この建物の北側と西側に馬の守り神であるという信仰から猿の彫刻が彫り込まれています。有名な「見ざる・言わざる・聞かざる」も含めて人間の一生が風刺されている計8面の猿の彫刻を今さらですが、ひとつずつ。
   

母猿は子猿の幸せな未来を願う。

有名な三猿です。子供のころは悪い事を見たり・言ったり・聞いたりしないで、素直なままに育ちなさい。

少年期になり、そろそろ一人立ち。

青雲の志を抱く青年期の様子。

人生の岐路に立たされたのでしょう。

右側の猿は恋をして何もする気力が生まれない状況。

新婚の猿。第二の人生を手をとりあって荒波を乗り越えていきましょう。

妊娠し、子供が産まれれば、また最初の彫刻に戻り、人生がくり返されていきます。

.
いずれの建物も寛永12年(1635)築です。
Nikko Toshogu
よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印)  [521]

[ 2010年03月25日 07:09 ] カテゴリ:百寺社巡礼~埼玉、栃木、群馬 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

yukimi

Author:yukimi
yukimis blog

カウンター
08/3/20~:
13/2/24~:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ(全件)
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム