FC2ブログ

yukimis blog

それが、yukimiクオリティ。
yukimis blog TOP  >  乗り物  >  乗り物~船 >  氷川丸の船内 3

氷川丸の船内 3

今回は一等客室の船客がくつろぐためのエリアです。
これらの内装設計にあたっては国際コンペが実施され、フランス人船室デザイナーのマルク・シモンが選定されました。設計時はちょうどアールデコが流行期を迎えていた頃で、氷川丸では当時流行していたアールデコがふんだんに採用されています。

一等食堂 船幅いっぱいにスペースをとった部屋で豪華なディナーを楽しんでいたのでしょう。


天井の照明カバーの模様の幾何学模様。

一等児童室 子供の世話をする女性乗組員がいたそうです。食堂前にあり、大人がゆっくり食事をするためディナーの時にも子供を預かりました。

食堂入口前の階段室 手すりの模様がステキです。

一等読書室 手紙を書いたり読書をするためのお部屋です。

社交室 アール・デコがふんだんに使われています。



日本国内で本格的なアール・デコが現存しているのは、旧朝香宮邸の東京都庭園美術館と氷川丸くらいなんだそうです。

一等喫煙室 世界のお酒やたばこがそろっており、カードゲームなどを楽しんでいたそうです。
 
 
 
 

昭和35年(1960)に氷川丸が引退し、日本郵船は客船事業から撤退していましたが、昭和63年(1988)再び客船事業を始めるにあたり建造された船がクリスタル・ハーモニー、現在の飛鳥IIです。横浜港で日本郵船の新旧客船が顔をあわせています。

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印) [268]

[ 2009年08月16日 09:23 ] カテゴリ:乗り物~船 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

yukimi

Author:yukimi
yukimis blog

カウンター
08/3/20~:
13/2/24~:
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ(全件)
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム