yukimis blog

それが、yukimiクオリティ。
yukimis blog TOP  >  百寺社巡礼  >  百寺社巡礼~神奈川、伊豆 >  ホンモノの総持寺

ホンモノの総持寺

諸嶽山 總持寺  (JR京浜東北線鶴見駅徒歩5分)

総持寺はかつては石川県輪島市にありました。奈良時代に行基によって開基された諸嶽寺という寺院が、元亨元年(1321)に曹洞宗の寺院となり、現在の山号、寺名になりました。しかし明治31年(1898)4月、本堂からの出火が折りしものフェーン現象の余波を受け、伽藍の殆どを焼失してしまい、明治44年(1911)に今の神奈川県横浜市鶴見区に移転されました。

.
福井県の永平寺とならび曹洞宗の大本山である総持寺の寺域は約10万坪、多くの伽藍や鶴見大学などの関係教育機関もあります。

三松閣  地上四階、地下二階の大きな建物には、檀信徒研修道場、各種セレモニーの会場、宿泊施設が整っています。石原裕次郎23回忌法要のため国立競技場へ「出張」されるのはここの4階大講堂にお祀りしている釈迦如来坐像だそうです。

 

香積台  拝観・墓地・法要・参拝等の総受付や売店・休憩所があります。建物の中、中央廊下のつき当たりに日本最大といわれる木彫の大黒尊天が祀られています。

待鳳館  昭和32年(1957)に千駄ヶ谷の尾張徳川家旧書院を移築。 迎賓館として使われています。

向唐門、大正14年(1925)築です。

放光堂  明治44年に総持寺が能登から移転された際に最初に法要が執り行なわれた建物。安政年間に山形・鶴岡の総穏寺本堂として建立されたものですが、總持寺移転に際して献納されました。
 

仏殿  本尊である釈迦如来像が祀られています。

そしてこちらも石原裕次郎23回忌法要の件で話題になっているのがこの大祖堂。高さ36メートル、瓦葺形の銅版屋根の重さは53トン、内部は千畳敷の広さで昭和40年(1965)竣工。本山開祖・太祖 瑩山禅師(諡号 常済大師)と高祖 道元禅師、二祖 峨山禅師ほか、歴代の諸禅師の頂相を安置し、あわせて諸尊牌を奉祀する靈場となっています。982坪の地下は瑞応殿と呼ばれる客殿となっています。 写真では分かりにくいですがとにかくデカイです。
 

石原裕次郎のお墓は境内墓所の一角にあります。

總持寺(HP)
よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印) [406]

[ 2009年06月25日 07:33 ] カテゴリ:百寺社巡礼~神奈川、伊豆 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

yukimi

Author:yukimi
yukimis blog

カウンター
08/3/20~:
13/2/24~:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ(全件)
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム