FC2ブログ

yukimis blog

それが、yukimiクオリティ。
yukimis blog TOP  >  建築探訪  >  建築探訪~丹下健三 >  丹下健三メモリアル4 文京区編

丹下健三メモリアル4 文京区編

丹下健三氏は平成17年3月22日、91歳で亡くなられました。昇天記念日にあたる今日3月22日は、東京都文京区に建つ建物をふたつ。

東京ドームホテル (平成12年)
東京ドームや後楽園ゆうえんち。地方の人々も集まる都心において有数のレジャーやエンターテーメントスポットだったのに近隣に大規模なホテルがなかった地に登場した巨大ホテルです。丹下氏の作品の中でもかなり晩年の作品です。

高さ155メートル、地上43階、1006室の建物は薄い板状の形となっており、東京ドームシティを訪れる人々を迎える大きな門を表現しています。

ロビーは宿泊客のチェックインで大賑わいでした。
 

丹下氏晩年の設計の大型建築建物の割には、両端に丸みをもたしてやさしい表情をしていますね。

.
東京カテドラル聖マリア大聖堂 (昭和39年)

住所は東京都文京区関口。椿山荘と目白通りを挟んで向かい側にあります。目白駅バス停や雑司ヶ谷駅最寄の鬼子母神バス停から都営バス白61系統で椿山荘バス停下車すぐです。江戸川橋駅からは徒歩10分ほどの場所です。

外壁はステンレス・スチール張りで、上空から見ると十字架の形をしています。空の色や太陽に反射し、訪れる時によって異なったオーラを感じられると思います。

この教会は丹下健三氏自身の葬儀が行われた場所でもあります。この教会を設計した時は丹下氏はクリスチャンではありませんでしたが、後にカトリックの洗礼を受け、信者となったそうです。洗礼名は聖母マリアの夫で大工でもあったヨセフ、丹下氏はここの地下納骨堂に永眠しておられます。

外観以上に圧巻なのが内部空間。大聖堂の内部は9時~17時まで見学ができます。撮影禁止なので写真はありませんが、コンクリート打ち出しで、柱のない、最頂部が40メートル近くある大空間は正に聖なる場所。
十字架の4方端はスリットになっており、薄暗い空間に光が差し込んできます。祭壇の後方のスリットには十字架が掲げられてありますが、地図でみると大聖堂は東南東を向いて建っているんですね。朝日が十字架の架けてあるスリットの背後から降り注ぐ時を想像すると。。。

私が訪れたのは平日の夕方。誰もいない大聖堂の中、自分の足音だけが響き渡り。。。。とにかく直接訪れて体感してみて下さい。
東京カテドラル(HP)

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印)
 

[ 2009年03月22日 09:33 ] カテゴリ:建築探訪~丹下健三 | TB(0) | CM(2)
【yukimiさんへ】初めまして、コメントありがとうございます。代々木体育館、東京カテドラルと私のターニングポイントの建築です。この2つの丹下作品があるから今の自分があると言ってもいいと思います。近年の丹下作品はあまり好きじゃないけど…カテドラルのクロスの下で震えたとありましたが、その通りですね。私も愕然としましたよ。。。。内部を見たとき、ミサをやってたので覗いてみましたが改めてとりこになりました。今後とももよろしくお願いします。このコメントは、yukimiさんがコメントしてくれた私の記事にも貼ってます…。
[ 2009/03/27 08:38 ] [ 編集 ]
Ⅰ・N(イカリン)さん コメントありがとうございます。東京カテドラルは、今度、毎月1回行われているオルガン・メディテーションに行ってみようかと考えています。丹下さんご本人も地下で眠っておられることですし。
[ 2009/03/27 18:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

yukimi

Author:yukimi
yukimis blog

カウンター
08/3/20~:
13/2/24~:
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ(全件)
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム