FC2ブログ

yukimis blog

それが、yukimiクオリティ。
yukimis blog TOP  >  百寺社巡礼  >  百寺社巡礼~都内 >  九品仏 お面かぶりの日

九品仏 お面かぶりの日

お盆なので今日は神様ではなく仏様のお話です。

九品山浄真寺(九品仏) (東急大井町線九品仏駅徒歩3分)
東京都世田谷区奥沢7丁目、自由が丘からも近い3万6千坪の境内の広さを持つ大きな浄土宗のお寺です。
この日は8月16日は3年に1度の法要「おめんかぶり」(二十五菩薩来迎会)の日、サギ草を撮影した8月10日とは違い、多くの人出でした。

延宝6年(1678)に奥沢城跡だったこの地に珂碩(かせき)上人が、浄土宗所依の経典「観無量寿経」の説相によって堂宇を配置し、この寺を創建しました。

総門を入ると、すぐに閻魔堂があります。普段は誰もいなくて一人で閻魔様を見ると怖いですが、今日は中では何やら念仏を唱える声が。外ではお坊さんが暑さよけのためにうちわを配っています。

仁王門です。今日は楼上の窓が開かれていました。阿弥陀如来と二十五菩薩像が安置されているそうです。

仁王門をくぐると左に鐘楼、宝永5年(1708)建立です。欄間には十二支の彫刻がされています。本堂寄りの右側には枯山水と築山です。

本堂です。元禄11年(1698)に上棟されました。この日は1回目のお面かぶり終了後、自由に本堂内に入れてもらえました。堂内の壁の彫刻も見事です。

珂碩上人自作の本尊の釈迦如来像(像高281cm) 。ご本尊様は西方(極楽浄土、彼岸)の三仏堂を向いて鎮座しています。

その西方に本堂(現世、此岸)に向かい合うように建っている三仏堂。上棟時期は本堂と同じです。写真の手前から下品堂、上品堂、中品堂と並び、各堂3体、計9体の阿弥陀如来像が安置されています。珂碩上人が18歳で発願し、51歳の時に完成させたそうです。写真は上品堂の内部です。こちらも1回目のお面かぶり終了後、内部の見学が自由に出来ました。三仏堂の写真は8月10日のものです。

本堂の釈迦如来像と上品堂の3体の阿弥陀如来像の指に結んであるヒモは向かい合って結ばれていました。
境内にはき木々が多く、春夏秋冬訪れてみたいお寺です。 人気ブログランキングへ 

[ 2008年08月17日 00:23 ] カテゴリ:百寺社巡礼~都内 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

yukimi

Author:yukimi
yukimis blog

カウンター
08/3/20~:
13/2/24~:
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ(全件)
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム