yukimis blog

それが、yukimiクオリティ。
yukimis blog TOP  >  百寺社巡礼  >  百寺社巡礼~都内 >  豪徳寺

豪徳寺



大谿山豪徳寺 (東急世田谷線宮の坂駅徒歩5分、小田急線豪徳寺駅徒歩10分)

gotokuji01.jpg

世田谷線宮の坂駅、駅を出て世田谷八幡宮とは反対側、右へ歩いて行くと豪徳寺の大きな松並木の参道が道路の左にあります。

gotokuji02.jpg

もともとこの地域は、中世の武蔵吉良氏の居館、城郭があり、文明12年(1480)、吉良忠政が伯母の弘徳院の菩提のために弘徳院と称する臨済宗に属する庵を結んだのが始まり。
その後、天正12年(1584)に曹洞宗に改宗。

gotokuji03.jpg

寛永10年(1633)になると、彦根藩主井伊直孝が井伊家の菩提寺として伽藍を創建し整備し、万治2年(1659)には直孝の戒名である「久昌院殿豪徳天英居士」から豪徳寺となりました。

gotokuji04.jpg

豪徳寺のお堂の中でも現存最古の仏殿は、井伊直孝の娘 掃雲院が父の菩提を弔うために延宝5年(1677)に建立したもの。
gotokuji12.jpg

本堂。関東大震災後の再建です。
gotokuji08.jpg

梵鐘は、延宝7年に完成し、世田谷区内に伝わる梵鐘としては現存最古。
gotokuji09.jpg

境内には井伊家墓所があり、一番奥には桜田門外の変で暗殺された大老 井伊直弼の墓が建ちます。
gotokuji05.jpg
gotokuji06.jpg

豪徳寺は招き猫発祥の地ともいわれ、井伊家と豪徳寺の縁をうかがえる伝説があります。

井伊直孝が鷹狩りの帰りに豪徳寺の前を通りかかった際、和尚の飼い猫が門前で手招きする仕草をしていたため寺に立ち寄り休憩しました。すると雷雨になり、雨や落雷の難を逃れられたことや和尚の在り難い説法を聞けたことを喜んだ直孝は、豪徳寺立て直しのために寄進をし再興させたそうです。

和尚はこの猫が死ぬと墓を建てて弔いました。後に境内に招猫堂が建てられ、猫が片手を挙げている姿をかたどった招き猫が作られるようになりました。
gotokuji07.jpg

招き猫に願をかけ、成就した場合、その招き猫を招猫堂の横にある祠に返納すると、さらにご利益があるとされます。寺務所で買えます。
gotokuji10.jpg

ということで奉納所には返納された招き猫がいっぱい。
gotokuji11.jpg

平成18年(2006)に落成された三重塔。
gotokuji13.jpg

塔の一層目の蟇股には十二支の彫刻が彫られていますが、子と一緒に招き猫が。
gotokuji14.jpg
gotokuji15.jpg

豪徳寺の招き猫は、井伊家が彦根藩主だったということで、「国宝・彦根城築城400年祭」のキャンペーングッズとして誕生したゆるキャラ「ひこにゃん」のモデルにもなっているそうです。
IMG_1599_1.jpg

平成22年(2010)の井伊直弼公150回忌の法要が豪徳寺で執り行われた際には、ひこにゃんも豪徳寺を訪問しました。

よろしければ是非クリックして下さい
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram
yukimis' blog



[ 2013年10月22日 14:12 ] カテゴリ:百寺社巡礼~都内 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

yukimi

Author:yukimi
yukimis blog

カウンター
08/3/20~:
13/2/24~:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ(全件)
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム