yukimis blog

それが、yukimiクオリティ。
yukimis blog TOP  >  百寺社巡礼  >  百寺社巡礼~都内 >  浅草寺

浅草寺

金龍山浅草寺 
(東武スカイツリーライン、東京メトロ銀座線、都営地下鉄浅草線、つくばエキスプレスのそれぞれの浅草駅より徒歩5分)

東京有数の観光スポットとして内外の観光客でにぎわう浅草、その中心の浅草寺です。

都内最古のお寺でもある浅草寺の草創は推古天皇36年(628年)、隅田川で漁をしていた檜前浜成・竹成兄弟の網に仏像がかかりました。これが浅草寺本尊の聖観音像。この像を拝し、帰依した郷司の土師真中知は、のちに出家し、自宅を寺に改めて供養したのが始まり。

 

宗派は元々 天台宗に属していましたが、昭和25年(1950)に聖観音宗を立ち上げて独立し、支院25ヵ寺,末社18舎をひきいる総本山となりました。

浅草の顔でもある雷門は、浅草寺の総門にあたります。天慶5年(942)平公雅によって創建され、初めは駒形付近にあったそうです。鎌倉時代以降現在地に移築された際に風神・雷神が初めて奉安されました。

現在の雷門は、慶応元年(1865)の大火で炎上した門に替わり、昭和35年(1960)に松下幸之助の寄進により復興再建されました。提灯には松下電器の名前が。

雷門から伸びる仲見世。江戸時代になり、浅草寺への参拝客も一層賑わうにつれ、浅草寺境内の掃除の賦役を課せられていた近くの人々に対し、境内や参道上に出店営業の特権が与えられたのがの始まりで、日本最古の商店街のひとつです。

仲見世を通り抜けると宝蔵門にたどり着きます。浅草寺の山門としての役割のほか、内部三層のうち上部二層に近代的防災設備を施した収蔵室を設け、浅草寺の什宝物を収蔵しています。
ホテルニューオータニ創始者の大谷米太郎の寄進により昭和39年(1964)に再建されました。

五重塔は天慶5年(942)に平公雅が本堂と共に建立したのが初め。その後 数度倒壊、炎上に遭い、幾度と再建されました。現在の塔は太平洋戦争による焼失後、昭和48年(1973)に再建。

本堂も昭和33年(1958)に再建されたもの。太平洋戦争で焼失した、徳川家光建立の旧本堂と同形態で一回り大きくした感じの規模。

内陣中央のとばりが掛けられている場所は御宮殿(ごくうでん)と呼ばれています。秘仏の御本尊 聖観世音菩薩、毎年12月13日に開扉される慈覚大師作の御前立御本尊等が安置されています。

スカイツリーも出来て、更に大賑わい。

浅草寺 ホームページ http://www.senso-ji.jp/

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印) [366]  

yukimi's blog

[ 2013年01月01日 20:16 ] カテゴリ:百寺社巡礼~都内 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

yukimi

Author:yukimi
yukimis blog

カウンター
08/3/20~:
13/2/24~:
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ(全件)
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム