yukimis blog

それが、yukimiクオリティ。
yukimis blog TOP  >  百寺社巡礼  >  百寺社巡礼~神奈川、伊豆 >  英勝寺

英勝寺

東光山英勝寺 (JR横須賀線、江ノ電鎌倉駅徒歩17分)

横須賀線の線路沿い、東京方面から横須賀線で行くとトンネルを出て鎌倉駅到着の目前、右側に見えます。

英勝寺は浄土宗の寺院で、現在、鎌倉唯一の尼寺です。扇谷上杉家の家宰であった太田道灌の屋敷跡地だそうです。

徳川家康の側室の一人で、太田道灌の曾孫・康資の娘、後の初代水戸藩主 徳川頼房の養母でもあるお勝の方は、家康の死後、出家し英勝院と号しました。その後、3代将軍 徳川家光から太田家ゆかりのこの土地を賜り、寛永11年(1634)に菩提寺としたのが始まり。寛永13年(1636)に寺が完成すると英勝寺と名付け、徳川頼房の娘、小良姫を玉峰清因と号し開山に迎え、その後も代々の住持は水戸徳川家の姫が務めました。

山門は英勝院尼一周忌の直前に、水戸光圀の兄である讃岐高松藩主 松平頼重が造営。関東大震災で倒壊し、山王ヶ谷の資産家に買い取られましたが、平成13年(2001)に英勝寺に買い戻されて復興工事が行われました。

仏殿は、寛永13年(1636)に建てられたもの。堂内に鎮座する本尊の阿弥陀如来立像は徳川家光寄進によるものといわれています。

唐門は、英勝院の墓廟である祠堂への門。門の奥、石段をあがったところに建つ鞘堂の中にあるのが祠堂。徳川光圀によって建てられ、完成の折には光圀も来訪したそうです。

裏手の竹林は、水戸徳川家から代々の住持として迎えた姫の住まいがあった場所で、姫御殿跡と呼ばれています。

英勝寺はまさに水戸御殿、水戸さまの尼寺と呼ばれ大名屋敷並みの扱いだったそうです。材木座の光明寺の住職に学ぶため、光明寺へ向かう尼君の行列は100人余りの従者がいたそうです。

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印)   [340]

yukimi's blog

[ 2013年01月16日 13:52 ] カテゴリ:百寺社巡礼~神奈川、伊豆 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

yukimi

Author:yukimi
yukimis blog

カウンター
08/3/20~:
13/2/24~:
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ(全件)
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム