FC2ブログ

yukimis blog

雪見のブログ
yukimis blog TOP  >  街角 >  時の鐘

時の鐘

川越の街のシンボル、「時の鐘」です。
初めは寛永年間、川越藩藩主 酒井忠勝によって建設されたといわれています。その後川越市街の大火によりたびたび鐘楼は消失されましたが、現在の鐘楼は4代目、明治26年(1893)に起きた大火の翌年に再建されたものです。

木造で3層のやぐらで高さは約16メートル、機械仕掛けになりましたが現在でも午前6時・正午・午後3時・午後6時に鐘が鳴ります。

鐘楼の下をくぐった先には薬師神社という小さな神社があります。創建当初は常蓮寺というお寺でしたが、明治維新後に神社となりました。御本尊の薬師如来立像は行基の作といわれてます。

鐘楼の足元もなんとなく鳥居のような感じです。

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印) [381]  

[ 2012年05月12日 10:48 ] カテゴリ:街角 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

yukimi

Author:yukimi
yukimis blog

カウンター
08/3/20~:
13/2/24~:
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ(全件)
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム