yukimis blog

それが、yukimiクオリティ。ほとんど、ソロ活。
yukimis blog TOP  >  2015年07月

鐙摺バス停


IMG_7435_1.jpg

神奈川県葉山町堀内、ほぼ逗子市との境近くにある京急バスの鐙摺(あぶずり)バス停、逗子駅から10分少々の場所です。
最近、yukimi’s blogにたびたび登場する日影茶屋の最寄のバス停ですが、バスを降りたら見える海に癒されます。

IMG_7412_1.jpg
IMG_7418_1.jpg

バス停の目の前には砂浜もありますが、海水浴場のある近隣の森戸海岸や逗子海岸と違い、夏でも静かでのんびりした雰囲気です。

IMG_7468_1.jpg
IMG_7419_1.jpg
IMG_7431_1.jpg

鐙摺とはこのあたりの旧地名で、源頼朝がこの地を通った時、馬の鐙が岩に摺れるほどの険しく狭い道であったたことに因んで命名されたといわれているそうです。

IMG_7415_1.jpg

バスを1本パスして、しばしバス停で佇んでいました。

よろしければ是非クリックして下さい yukimi's blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogramyukimis' blog

[ 2015年07月31日 23:31 ] カテゴリ:乗り物~バス | TB(0) | CM(0)

新逗子駅(京急逗子線)


神奈川県逗子市、京浜急行逗子線の終着駅です。

かつては現在の駅の手前に京浜逗子駅という駅があり、また駅の先に逗子海岸駅がありました。
その2駅が昭和60年(1985)に統合され中間に誕生したのが新逗子駅です。
ホームも長くなり、現在は日中10分間隔で最大8両編成の電車が停車可能となりました。
IMG_7446_1.jpg

改札口は統合前のそれぞれの旧駅の場所付近に南北2か所あります。
京浜逗子駅があった北口。ホームからは100mほど連絡橋を歩きます。小さな駅ビル「ニート新逗子」
IMG_7403_1.jpg
IMG_7401_1.jpg

南口。旧駅舎の形を模しているのだそうです。
IMG_7409_1.jpg
IMG_7444_1.jpg

新逗子駅を出発する電車の種別と行先は、エアポート急行羽田空港行き。
IMG_7404_1.jpg

逗子海岸海水浴場へは南口から徒歩15分程です。

よろしければ是非クリックして下さい yukimi's blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogramyukimis' blog






[ 2015年07月30日 21:24 ] カテゴリ:駅探訪~神奈川・伊豆 | TB(0) | CM(0)

高尾山ケーブル


せっかく高尾山の麓まで来たので、ケーブルカーで手軽に登れるところまで。
麓の清滝駅、標高201mです。
IMG_7232_1.jpg

高尾山と同じ八王子市に住いがあり、八王子観光大使でもある北島三郎が昨年リリースした「高尾山」。改札口前で北島三郎像がお出迎え。
IMG_7233_1.jpg

高尾山のケーブルカーが開通したのは昭和2年(1927)、現在の車両は平成20年(2008)製造の4代目です。
IMG_7235_1.jpg

勾配は一番の急こう配の部分で31度18分あるそうです。
IMG_7248_1.jpg

標高472m、山上の高尾山駅。ちなみに高尾山山頂の標高は599m。
IMG_7245_1.jpg

ケーブルカーの駅付近からの眺め、まずは北側。眼下ののジャンクションは中央高速と圏央道が交差する八王子JCTです。
IMG_7242_1.jpg 
IMG_7241_1.jpg

東側は多摩地区。この日は霞んで遠くまで見えませんでしたが、好天の日はスカイツリーもみえるそうです。
IMG_7240_1.jpg

秋も来ようかな。Mt.Takao

よろしければ是非クリックして下さい yukimi's blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogramyukimis' blog


[ 2015年07月25日 21:17 ] カテゴリ:乗り物~鉄道 | TB(0) | CM(0)

隈研吾11 高尾山口駅(京王高尾線)


IMG_7256_1.jpg

東京都八王子市、京王電鉄最西端の駅、京王高尾線高尾山口駅です。
高尾山は平成19年(2007)からミシュランガイドで三つ星の観光地に選出され、日々の乗降客も徐々に増えているそうです。Mt.Takao
IMG_7199_4.jpg

そんな高尾山口駅がリニューアル。今年の4月に隈研吾デザインにより生まれ変わりました。
IMG_7223_1.jpg

ホームの電灯やエスカレータ乗り場、駅員事務室も隈研吾っぽい。
IMG_7200_1.jpg

内外装は杉材を使用。
IMG_7202_1.jpg

構内に掲げられている「萬古清風」。平成19年(2007)、京王高尾線40周年を祝し高尾山薬王院の大山隆玄貫主から賜った御染筆。
IMG_7215_1.jpg

トイレもきれいで広々。
IMG_7208_1.jpg
IMG_7253_1.jpg

IMG_7209_1.jpg
IMG_7218_1.jpg

2階はレストラン。
IMG_7214_1.jpg

待ち合わせや遠足の集合、イベントにも活用できるスペース。
IMG_7230_1.jpg

登山者が帰りに靴を洗えるよう蛇口があります。
IMG_7226_1.jpg

IMG_7227_1.jpg

駅の横には今年の秋に天然温泉の施設が誕生します。登山後にの~んびりと
IMG_7198_1.jpg

よろしければ是非クリックして下さい yukimi's blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogramyukimis' blog




[ 2015年07月24日 06:00 ] カテゴリ:駅探訪~デザイナーズステーション | TB(0) | CM(0)

渋谷駅解体中@2015.7.15


ほとんど東横線のホームや東急百貨店東横店東館もなくなってきた渋谷駅東口です。東京メトロ銀座線のホームは今後の工事によりホームがこの東口広場にずれるそうです。
IMG_7328_1.jpg
IMG_7322_1.jpg

東横線の旧渋谷駅もまったく面影が無くなりました。
IMG_7325_1.jpg
IMG_7324_1.jpg

これからも撮り続けます。

よろしければ是非クリックして下さい yukimi's blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogramyukimis' blog

[ 2015年07月22日 07:53 ] カテゴリ:街角 | TB(0) | CM(0)

村野藤吾メモリアル13 目黒区総合庁舎(旧千代田生命本社)


ということで目黒区総合庁舎へ。
東京都目黒区上目黒2丁目、東急東横線、東京メトロ日比谷線中目黒駅から徒歩5分程度のこの地に村野藤吾氏設計の千代田生命本社ビルが建てられたのは昭和41年(1966)でした。

IMG_7129_2.jpg

敷地面積およそ18,000平方メートルという広い敷地に、地上6階、地下3階建の本館と地上9階、地下3階建の別館が建ちます。今となっては駅前に高層マンションやオフィスビルも建つ中目黒界隈の中でもゆったりした造りです。

IMG_7089_6.jpg
IMG_7132_1.jpg
IMG_7130_1.jpg

その後、バル崩壊による不良債権額の増大により千代田生命は平成12年(2000)に経営破綻しました。
その当時、手狭になった区庁舎の問題に直面していた目黒区は、本物件を取得し、改装後、平成14年(2002)から目黒区総合庁舎として使用を開始しました。

IMG_7123_1.jpg

それでは南口玄関から。車寄せのひさしは翼を広げた感じです。
IMG_7127_1.jpg
IMG_7125_1.jpg

エントランスホール。床や壁は白い大理石張りです。
IMG_7120_1.jpg

天井の明り取り窓には作野旦平氏制作のガラスモザイク。
IMG_7094_2.jpg



階段のデザインには定評のある村野氏のですが、目黒区総合庁舎内のらせん階段もステキです。
IMG_7097_1.jpg
IMG_7100_1.jpg
IMG_7119_1.jpg

IMG_7099_1.jpg

1階には中庭に池、そして和室や茶室があります。
IMG_7111_1.jpg
IMG_7110_1.jpg
IMG_7106_1.jpg

屋上庭園は平成20年に完成。目黒十五(とうご)庭と呼ばれ、村野藤吾氏の名前、屋上庭園計画時に検討した「15のメッセージ」に因んで名づけられました。
区民が屋上緑化を検討する際の情報発信が目的なんだそうです。
IMG_7115_1.jpg

芝生にはタヌキがくつろいでいます。
IMG_7113_3.jpg

取り壊さずにそのまま供用した目黒区に感謝。

【村野藤吾メモリアル 過去の記事】
2008.11.26 村野藤吾メモリアル
2009.11.07 村野藤吾メモリアル2 近鉄 賢島駅
2009.11.08 村野藤吾メモリアル3 志摩観光ホテル
2009.11.26 村野藤吾メモリアル4 大宴会場「飛天」その1
2009.11.26 村野藤吾メモリアル4 大宴会場「飛天」その2
2009.11.28 村野藤吾メモリアル5 ちょこっと御堂筋編
2013.02.08 村野藤吾メモリアル6 今だけ裏側も見える旧興銀本店
2013.03.13 村野藤吾メモリアル7 八重洲ダイビル
2013.03.21 村野藤吾メモリアル8 日本橋高島屋増築部分
2014.10.16 村野藤吾メモリアル9 箱根プリンスホテル(現ザ・プリンス箱根)
2014.11.22 村野藤吾メモリアル10 横浜市庁舎
2014.11.22 村野藤吾メモリアル11 横浜市立大学本校舎
2015.04.29 村野藤吾メモリアル12 小山敬三美術館

よろしければ是非クリックして下さい yukimi's blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogramyukimis' blog



[ 2015年07月20日 20:00 ] カテゴリ:建築探訪~村野藤吾 | TB(0) | CM(0)

目黒区美術館


東京都目黒区目黒2丁目、目黒区民セーターの一角にある目黒区美術館へ。
IMG_7350_1.jpg

現在開催中の展覧会は、「村野藤吾の建築-模型が語る豊饒な世界」。
村野藤吾設計の多くの建築を、京都工芸繊維大学の学生が1/100、1/200のスケールで、同大学美術工芸資料館に村野・森設計事務所から託されている図面などをもとに制作したものです。
IMG_7335_1.jpg

一部、写真撮影可能だった作品から。
まずはこの建物を目黒区が買わなければ、この展覧会もここでは開催されなかったであろう。。。目黒区総合庁舎(旧千代田生命本社)
IMG_7336_1.jpg
IMG_7346_2.jpg

日生劇場(日本生命日比谷ビル)
IMG_7339_1.jpg

読売会館(有楽町そごう、現ビックカメラ有楽町店)
IMG_7341_1.jpg

旧日本興業銀行本店
IMG_7340_1.jpg

そのほかの作品も多数展示されています。この様な作品もあったのかぁといのもあり、見ごたえ十分です。

【村野藤吾 過去の記事】
2008.11.26 村野藤吾メモリアル
2009.11.07 村野藤吾メモリアル2 近鉄 賢島駅
2009.11.08 村野藤吾メモリアル3 志摩観光ホテル
2009.11.26 村野藤吾メモリアル4 大宴会場「飛天」その1
2009.11.26 村野藤吾メモリアル4 大宴会場「飛天」その2
2009.11.28 村野藤吾メモリアル5 ちょこっと御堂筋編
2013.02.08 村野藤吾メモリアル6 今だけ裏側も見える旧興銀本店
2013.03.13 村野藤吾メモリアル7 八重洲ダイビル
2013.03.21 村野藤吾メモリアル8 日本橋高島屋増築部分
2014.10.16 村野藤吾メモリアル9 箱根プリンスホテル(現ザ・プリンス箱根)
2014.11.22 村野藤吾メモリアル10 横浜市庁舎
2014.11.22 村野藤吾メモリアル11 横浜市立大学本校舎
2015.04.29 村野藤吾メモリアル12 小山敬三美術館

目黒区美術館 http://mmat.jp/
東京都目黒区2-4-36  
東急バス権之助坂バス停下車徒歩5分、田道小学校入口バス停下車徒歩10分


よろしければ是非クリックして下さい yukimi's blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogramyukimis' blog

[ 2015年07月19日 22:56 ] カテゴリ:建築探訪~その他(美術館・博物館) | TB(0) | CM(0)

日清製粉グループ 製粉ミュージアム


IMG_7288_1.jpg

群馬県館林市は、日清製粉の前身である館林製粉が明治33年(1900) に創業された地でもあります。
東武鉄道館林駅の西口に隣接するこの地には、かつては製粉工場もあり、現在でも日清フーズの工場があります。
IMG_7258_1_20150716175433ef9.jpg

その様な館林駅西口の真ん前にあるのが、日清製粉グループが平成24年(2012)開設した「製粉ミュージアム」。日清製粉グループの歴史、機械製粉の技術の進展や小麦・小麦粉をテーマとした企業ミュージアムです。
IMG_7274_1.jpg

敷地にはミュージアム開設時に建てられた新館と創業期から事務棟として使用されていた本館、芝生のキレイな日本庭園で構成されています。
IMG_7298_1.jpg 
IMG_7287_1.jpg 
IMG_7284_1.jpg 
IMG_7281_1.jpg 

明治43年(1910)築の本館は旧工場の木材を再利用した洋風の木造建築で、明治時代の建築様式が残る歴史的価値の高いもの
IMG_7285_1.jpg

庭園内にある池。池に配されている大きな石臼は北海道北斗市のトラピスト修道院で自活の製粉用として使用され、日清製粉の函館工場が寄贈を受けたもの。
IMG_7283_4.jpg

詳細なアンケートに記入した来館者には日清製粉グループのイメージキャラクター「コニャラ」のキーホルダーがもらえます。
IMG_7352_2.jpg

日清製粉グループ 製粉ミュージアム https://www.nisshin.com/museum/
群馬県館林市栄町6-1  東武伊勢崎線・佐野線・小泉線 館林駅西口前
開館時間  10:00 ~ 16:30(入館は16:00まで)
休館日 月曜日、年末年始等


よろしければ是非クリックして下さい yukimi's blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogramyukimis' blog



[ 2015年07月17日 15:00 ] カテゴリ:建築探訪~その他(美術館・博物館) | TB(0) | CM(1)

館林駅(東武伊勢崎線)


東武伊勢崎線の館林駅。浅草駅から特急りょうもう号で1時間ほど、群馬県南東部のこの駅は伊勢崎線の他、東武佐野線、小泉線の起点駅でもあり、東武伊勢崎線系統の拠点駅でもあります。
IMG_7293_2.jpg 
IMG_7267_1.jpg

館林駅の開業は明治40年(1907)。利根川の鉄橋が完成し、足利市駅まで延伸されたとき。
現在、駅は東口にある旧駅舎と、平成21年(2009)に竣工した東西自由通路設けられた新しい橋上駅舎が共存しています。
IMG_7312_1.jpg

東口の木造2階建の旧駅舎は昭和12年(1937)竣工。平成10年(1998)には関東の駅百選に選定されました。
IMG_7311_1.jpg

西口の様子。アーチ型の屋根、時計、縦長の窓、旧駅舎に似た意匠です。
IMG_7273_1.jpg

館林は国内でも有数のクソ暑い町で有名ですが。。。。
駅のベンチには市役所が扇風機を設置。
IMG_7265_1.jpg

駅前広場前に建つ観光案内所の建物には、熱中症注意のための垂れ幕。
IMG_7309_1.jpg

広場中央のベンチは、すだれと朝顔による日除け付き。そしてボタンを押すとミストを発生させる機能が。
IMG_7313_1.jpg

そして温度計。テレビ局の人達も朝からスタンバイしていましたが、この日は36度。
タヌキは昔話「分福茶釜」のルーツになった伝説が伝わる茂林寺が市内にあるため。
IMG_7320_1.jpg

前日は39度まであがったそうです(汗)。

よろしければ是非クリックして下さい yukimi's blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogramyukimis' blog

[ 2015年07月16日 12:49 ] カテゴリ:駅探訪~埼玉、群馬、栃木 | TB(0) | CM(0)

イルチッチォーネ@神泉


京王井の頭線で渋谷駅から一つ目、神泉駅で降りて南口に出て坂道をあがり、2本目の細い道との角を左折。今度は下り坂を歩いて行くと左側の住宅の1階にお店はあります。おわかり頂けたでしょうか。。。。?

IMG_7184_1.jpg

お店の名前はイルチッチォーネ(il Ciccione)、気軽に楽しめるイタリアンのお店です。
今回はBランチ。パスタに加え魚かお肉の料理もつきます。
まずは温野菜。新ごぼうやビーツ、カボチャなど。
IMG_7185_1.jpg

トマトソースとバジリコのスパゲティー
IMG_7187_1.jpg

魚のローストは伊東で水揚げされたカジキマグロ
IMG_7189_1.jpg

最後にデザートはティラミスでした。
IMG_7192_1.jpg

開店時間すぐの来店をお勧めします。

イルチッチォーネ ホームページ http://il-ciccione.jp/
東京都渋谷区神泉町7-14
営業時間  Lunch : 11:30 ~ 13:30(LO)、Dinner : 17:30 ~ 22:00(LO)
京王井の頭線神泉駅徒歩3分

よろしければ是非クリックして下さい yukimi's blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogramyukimis' blog

[ 2015年07月12日 23:16 ] カテゴリ:グルメ~都内 | TB(0) | CM(0)

渋谷区立松濤美術館

IMG_7178_1.jpg

東京都渋谷区松濤2丁目、高級住宅地の一隅に建つ渋谷区立の美術館です。
竣工は昭和55年(1980)。地下2階地上2階建の建物外壁は紅雲石という紅味がかった花崗岩、建物の中央には噴水のある吹抜があります。設計は白井晟一氏。

IMG_7177_1.jpg
IMG_7182_1.jpg

毎週金曜日は渋谷区民は無料(在住を証明できる書類をお持ちください)です。

松濤美術館ホームページ http://www.shoto-museum.jp/
東京都渋谷区松濤2-14-14
京王井の頭線神泉駅徒歩2分
渋谷駅より、ハチ公バス丘を越えてルート 松濤美術館入口バス停徒歩2分


よろしければ是非クリックして下さい yukimi's blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogramyukimis' blog

[ 2015年07月11日 23:50 ] カテゴリ:建築探訪~その他(美術館・博物館) | TB(0) | CM(0)

鍋島松濤公園


7月に入り久々の晴れとなったこの日は、東京都渋谷区松濤二丁目。東京でも有数の高級住宅地にある渋谷区立の公園へ。
IMG_7170_1.jpg

公園のある場所はもともと紀州徳川家下屋敷があり、明治9年(1876)には旧佐賀藩主鍋島家に払い下げられ、鍋島家は当地で狭山茶を移植し、松濤園という名の茶園を開き、「松濤」という名でお茶の販売も行いました。

IMG_7174_1.jpg

その後、茶園は廃止され、大正時代に入ると一帯は次第に分譲され高級住宅地となり、大山といわれたこの地は茶園の名が所縁となり、昭和3年(1928)に松濤という地名に変わったそうです。
池の周囲は昭和7年(1932)に東京市に寄贈された後、昭和25年からは渋谷区の管轄がとなり、渋谷区立鍋島松濤公園となりました。

IMG_7173_1.jpg

水車小屋のある湧水池を囲んだ公園の面積は5,012m²。桜やケヤキなどの木々に囲まれ、またブランコ、鉄棒、砂場など遊具も設置されており、近隣の人々の憩いの場となっています。

IMG_7176_1.jpg

だけど蚊に刺されないようにご注意を。

鍋島松濤公園
東京都渋谷区松濤2-10-7
京王井の頭線神泉駅徒歩8分
渋谷駅より、ハチ公バス丘を越えてルート 松濤美術館入口バス停徒歩2分


よろしければ是非クリックして下さい yukimi's blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogramyukimis' blog

[ 2015年07月10日 20:00 ] カテゴリ:街角 | TB(0) | CM(0)

東急ホテルの夏カレー


東京都千代田区永田町、毎度のことながらザ・キャピトルホテル東急です。ロビーの草月流のいけばなの竹がなんとも斬新なデザインにいけられていました。
IMG_7167_1.jpg

毎年実施している東急ホテルズの料理人によるコンテスト、今回は、”東急ホテルズ夏カレー”がテーマ。
グランプリに輝いた料理が全国の東急ホテルズで期間限定メニューとして食べられますが、グランプリメニューは「野菜と穀物のスパイシーカレー 菜園仕立て」。セルリアンタワー東急ホテルの竹末宗弘氏の作品です。
卵以外は植物性の食材を活用し、夏野菜をトマトベースのスパイシーなカレーソースで食べます。
IMG_7163_1.jpg

とてもステキなデザインですね。

【昨年のコンテストのグランプリメニューはこちら】
2014.07.26 東急ホテルズ料理コンテストフェア

よろしければ是非クリックして下さい yukimi's blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogramyukimis' blog


[ 2015年07月07日 22:45 ] カテゴリ:グルメ~都内 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

yukimi

Author:yukimi
yukimis blog

カウンター
08/3/20~:
13/2/24~:
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ(全件)
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム