yukimis blog

それが、yukimiクオリティ。
yukimis blog TOP  >  2014年05月

ブルーインパルス都心を飛ぶ



国立競技場のファイナルイベントのため都心上空をブルーインパルスが飛びました。
銀座からなんとか6機編隊飛行が撮れました。

DSC_0227_1.jpg

よろしければ是非クリックして下さい yukimi's blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogramyukimis' blog


[ 2014年05月31日 22:05 ] カテゴリ:乗り物~飛行機 | TB(0) | CM(1)

ときわ食堂


東京都豊島区、巣鴨地蔵通商店街内にある食堂です。
巣鴨駅から進むと、とげぬき地蔵前よりちょと先にあります。店内は結構広めですが、老若男女多くのお客様で賑わっていました。
IMG_3379_1.jpg

ミックスフライ定食。エビフライ、アジフライ、メンチカツの3点セット。メニューはフライの他にもお刺身、豚の生姜焼き、ハムエッグとたくさんあります。
IMG_3374_1.jpg

この巣鴨店の他に、更に商店街をあと4分歩くともうひとつ店舗(庚申塚店)があります。
ときわ食堂 ホームページ
巣鴨店 豊島区巣鴨3-14-20  
庚申塚店 豊島区巣鴨4-33-2
定休日 無休


よろしければ是非クリックして下さい yukimi's blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram
yukimis' blog




[ 2014年05月30日 22:01 ] カテゴリ:グルメ~都内 | TB(0) | CM(0)

とげぬき地蔵尊



萬頂山高岩寺 (JR山手線巣鴨駅、都営地下鉄三田線巣鴨駅A3出口 徒歩5分)

平日も賑わう東京都豊島区、巣鴨地蔵通商店街。巣鴨駅側からの入口から徒歩数分で境内前に着きます。
IMG_3373_1.jpg

巣鴨駅側からの入口から徒歩数分、曹洞宗の寺院である高岩寺は、慶長元年(1596)に江戸の湯島に開かれ、約60年後に下谷に移りました。その後明治24年、区画整備のため当地に移転し今日に至ります。
IMG_3383_1.jpg

御本尊は、「とげぬき地蔵」として知られる延命地蔵尊。秘仏でお姿は残念ながら拝見できません。
江戸時代、武士の田付又四郎の妻が病に苦しんでいたところ、又四郎が、夢枕に立った地蔵菩薩のお告げにしたがい、地蔵の姿を印じた紙1万枚を隅田川に流しました。するとその霊験あってか妻の病が回復したということです。
IMG_3382_1.jpg

その後、毛利家の女中が針を誤飲した際、地蔵菩薩の御影を飲み込んだ所、針を吐き出すことができ、吐き出した御影に針が刺さっていたという伝承もあり、これが「とげぬき地蔵」と言われる由縁です。
この様な様々な御利益があるとされ、現在も御利益を求めて高齢者を中心に参拝者が絶えません。
IMG_3385_1.jpgIMG_3410_1.jpg

いつも行列ができ、多くの参拝客が立ち寄る「洗い観音」。
明暦の大火(1657年 )で、高岩寺の檀徒の一人が妻をなくし、その供養のため観音像を高岩寺に寄進しました。  この観音像に水をかけ、自分の悪いところを洗うと治るという信仰がいつしかうまれました。
IMG_3389_1.jpg

その後、永年に渡ってタワシで洗っていた観音様の顔などもすりへってきたので、平成4年にご隠退をいただき、あたらしい観音像の開眼式を執行されました。
IMG_3387_1.jpg

同時にタワシを廃止し、現在は布で洗うことになっています。

よろしければ是非クリックして下さい yukimi's blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram
yukimis' blog


[ 2014年05月29日 06:30 ] カテゴリ:百寺社巡礼~都内 | TB(0) | CM(0)

渋谷駅 夜景



久々にセルリアンタワーから撮影した渋谷駅周辺。これから再開発が進むと高層ビルが次々と建っていくことでしょう。
IMG_3356_1.jpg

スクランブル交差点もいずれは見えなくなってしまうのかな。
IMG_3354_1.jpg

夜景を眺めながら、今宵のオードブルとライトミールは、ノルウェー産スモークサーモンとロールピザ。
IMG_3352_1.jpg
IMG_3357_1.jpg

よろしければ是非クリックして下さい yukimi's blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram
yukimis' blog


[ 2014年05月27日 18:55 ] カテゴリ:街角 | TB(0) | CM(0)

お昼の味館トライアングル




いつもボージョレヌーボー解禁日のディナーに訪れる東京都千代田区平河町のフレンチレストラン「味館トライアングル
」。今回はランチタイムに。
IMG_3349_1.jpg

サラダとスープ。お昼もパンにはこのお店定番、ハムのペーストがつきます。
IMG_3346_1.jpg

メインは牛ロース ステーキ。
IMG_3347_1.jpg

デザートです。
IMG_3348_1.jpg

初夏のここちよい風が流れてきました。
IMG_3344_1.jpg
味館トライアングル ホームページhttp://www.mitachi-triangle.com/
東京都千代田区平河町1-3-7 109 アルタ平河町ビル1F
営業時間
【ランチ】  11:00~14:30(LO)
【ディナー】17:30~22:00(LO)
定休日 日曜日



よろしければ是非クリックして下さい yukimi's blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram
yukimis' blog



[ 2014年05月19日 06:00 ] カテゴリ:グルメ~都内 | TB(0) | CM(0)

数寄屋橋ブリッヂのメロンパンケーキ




東京都中央区銀座4丁目、西銀座デバート地下1階の喫茶店です。
IMG_3258_1.jpg

今回はこのお店の名物メニューのひとつ、メロンパンケーキ。パンケーキをメロンクリームで覆って、生クリームで編み目を描いたメロンパンケーキ。
IMG_3254_1.jpg

中はパンケーキが3枚、真ん中にメロンの果肉が入っています。ボリュームと甘さで一人ではかなりの食べごたえです。
IMG_3255_1.jpg

入口は西銀座デパート晴海通り前の玄関左手から。地下鉄の銀座駅直結の西銀座デパート地下2階からも行けます。
IMG_3259_1.jpg


カフェ ブリッヂ
東京都中央区銀座4-1 西銀座デパート B1F
営業時間 11:00~ [月・火・土]20:30、[水・木・金]21:00、[日・祝]20:00


よろしければ是非クリックして下さい yukimi's blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram
yukimis' blog




[ 2014年05月18日 06:00 ] カテゴリ:グルメ~都内スイーツ | TB(0) | CM(0)

大落古利根川@東武野田線




埼玉県久喜市吉羽・杉戸町下野を起点とし、杉戸町、宮代町、春日部市、越谷市、松伏町を流れ、越谷市・芳川町・松伏町の3市町の境周辺で中川に合流する大落(おおおとし)古利根川。名前の通り、利根川の徳川家康の関東入府より前の旧流路で、「大落」とは農業排水路の意だそうです。
IMG_3315_1.jpg

写真はいずれも春日部市の東武野田線、古利根川橋梁付近。
IMG_3320_1.jpg
IMG_3316_1.jpg
IMG_3328_1.jpg
IMG_3324_1.jpg

時折、水面を魚がはねていましたが、釣果は?。。。
IMG_3331_1.jpg

よろしければ是非クリックして下さい yukimi's blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram
yukimis' blog




[ 2014年05月17日 02:30 ] カテゴリ:お出かけ | TB(0) | CM(0)

牛島の藤



埼玉県春日部市牛島にある個人所有の庭園です。この場所は元真言宗寺院、連花院の境内でしたが、明治7年(1874)に廃寺となり、現在では個人所有の庭園で藤の開花時だけ一般公開されます。
usijima01.jpg

園内には大中小3か所の藤棚があり、一番大きな藤は樹齢1200年。樹は根本から数本に分岐して藤棚の面積700㎡にもなり、国指定の特別天然記念保存木です。伝承によると弘法大師御手植えと伝えられています。
usijima33.jpg
usijima02.jpg
usijima21.jpg
usijima22.jpg
usijima23.jpg

こちらは樹齢800年の藤。
usijima25.jpg
usijima26.jpg

2haの広さをもつ庭園内は藤だけではなく、アヤメやツツジ、老松、竹林なども見応えがあります。
usijima30.jpg
usijima31.jpg
usijima32.jpg

また来年のお楽しみ。。。。


牛島の藤 藤花園ホームページ http://www.ushijimanofuji.co.jp/
埼玉県春日部市牛島786 東武野田線藤の牛島駅徒歩10分

よろしければ是非クリックして下さい yukimi's blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram
yukimis' blog



[ 2014年05月16日 07:08 ] カテゴリ:季節~春 | TB(0) | CM(0)

藤の牛島駅




埼玉県春日部市、東武野田線の駅です。春日部から柏方面に乗って一つ目の駅です。
IMG_3340_1.jpg

藤の~という駅名は駅の近くの特別天然記念物「牛島の藤」から。また東武線には足立区「牛田」という駅があり、混同しないために。駅前にも小さな藤棚が。
IMG_3339_1.jpg

東武野田線はこの辺りは単線。上下列車の列車交換が当駅でも行われます。
IMG_3338_1.jpg
IMG_3343_1.jpg

よろしければ是非クリックして下さい yukimi's blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram
yukimis' blog



[ 2014年05月15日 08:45 ] カテゴリ:駅探訪~埼玉、群馬、栃木 | TB(0) | CM(0)

春の小川@久喜市鷲宮付近




埼玉県久喜市、東武伊勢崎線鷲宮駅から鷲宮神社までの道のりで出会えた、春らしい光景。川の名前は青毛堀川といいます。
奥の森が鷲宮神社の社叢。
IMG_3086_1.jpg

東武伊勢崎線。
IMG_3129_1.jpg
IMG_3130_1.jpg

カルガモものんびりと。もう産卵して雛は生まれたかなぁ。
IMG_3131_1.jpg

よろしければ是非クリックして下さい yukimi's blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram
yukimis' blog



[ 2014年05月14日 22:00 ] カテゴリ:街角 | TB(0) | CM(0)

アニメ聖地巡礼型まちづくり??




久喜市の鷲宮神社といえば関東最古の神社というほかに、アニメ「らき☆すた」にも登場する神社として有名になりました。私は一度も見たことなかったけど(汗)。

この画像のアングルがアニメのオープニングに出てくるそうです。
IMG_3093_1.jpg

登場人物のうち、柊つかさ・かがみの双子の姉妹の父が宮司を務める神社で、柊家はこの境内に居住しているという設定。街灯にはアニメのタペストリーが。
IMG_3091_1.jpg

アニメ聖地巡礼型まちづくりとして、地元もイベントなどを開催したり努力し、町への経済波及効果も億単位。

IMG_3122_1.jpg

鳥居横の大酉茶屋。使用をやめていた築110年の酒屋店舗を、地元の商工会が主体となり活用すことになりました。1階は休憩所で地元物産品・手工芸品や、らき☆すたグッズの販売、蕎麦・和菓子等の飲食施設、2階はミニFM局『ラジオ鷲宮』。
IMG_3127_1.jpg

メニューにもらき☆すたチックなものが。
IMG_3126_1.jpg
IMG_3124_1.jpg

茶屋の前には石碑も。
IMG_3123_1.jpg

現在、鷲宮神社は埼玉県内の初詣の人出の多さは大宮の氷川神社に次いで県内第2位(今年三が日47万人)にまで増えました。アニメ放送前の5倍以上だそうです。

よろしければ是非クリックして下さい yukimi's blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram
yukimis' blog



[ 2014年05月13日 23:52 ] カテゴリ:お出かけ | TB(0) | CM(0)

関東最古の神社~鷲宮神社




鷲宮神社 (東武伊勢崎線鷲宮駅徒歩10分)
〈御祭神〉天穂日命、武夷鳥命、大己貴命

埼玉県久喜市鷲宮に鎮座する関東最古の大社といわれる神社です。
IMG_3088_1.jpg

社伝によると神代の昔、紀元前148年~紀元前29年頃といわれていますが、東国統治のため出雲の部族等を率い、武蔵野国の当地に着いた天穂日命とその御子武夷鳥命とが、当地の鎮守として神崎神社を建てて大己貴命を奉祀したのが始まり。更に、別宮を建てて天穂日命の御霊徳を崇めました。
境内には縄文から古墳時代にかけての遺跡「鷲宮堀内遺跡」があり、縄文時代の住居跡や土器などがたくさん発掘されていることからも、大昔からここに神を祀っていたのでしょう。

IMG_3119_1.jpg

景行天皇の御世には、日本武尊が当社の神威を崇め尊み、社殿の造営をし、併せて武夷鳥宮を奉祀たと伝えられ、天穂日命、武夷鳥命をお祀りしていた別宮が現在の鷲宮神社の本殿あたります。
IMG_3116_1.jpgIMG_3350_1.jpg


そのため拝殿の後ろの本殿は玉垣の中に別々の社が座並ぶ珍しい形式。右側が入母屋風の一間社流造りの鷺宮神社本殿(御祭神 天穂日命、武夷鳥命)、左側に切妻屋根の一間社流造りの神崎神社本殿(御祭神 大己貴命)。
IMG_3110_1.jpg

中世以降も、関東の総社、関東鎮護の神として、武運長久等を祈る武将の尊崇厚く、幣帛の奉納や神領の寄進、社殿の造営等がなされたそうです。境内の桜の木々の中で唯一竹柵で囲われているのは源義家 駒繋ぎの桜。
IMG_3095_1.jpg

本殿に向かい合って建つ文政4年(1821)築の神楽殿。奏演される土師一流催馬楽(はじいちりゅうさいばら)神楽は国指定の重要無形文化財です。
IMG_3105_1.jpg

光天(みひかり)之池。龍神様が住んでいると伝えられてきましたが、永い年月の間に風雨等により土砂が流れ込んで埋もれていました。平成11年より復元すべく土砂の搬出をしていると池から湧水が溢れ出て、龍のような雲が空を覆いました。その時に「天まで光り輝くような池」という御神託を受け、光天之池と名付けられました。
IMG_3097_1.jpg

地名は「わしみや」。駅名と神社の名称は「わしのみや」。

鷲宮神社ホームページ http://www.washinomiyajinja.or.jp/

よろしければ是非クリックして下さい yukimi's blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram
yukimis' blog



[ 2014年05月12日 06:30 ] カテゴリ:百寺社巡礼~埼玉、栃木、群馬 | TB(0) | CM(0)

鷲宮駅~ここまで来ると伊勢崎線




浅草から52kmほど。東武伊勢崎線鷲宮駅。市町合併前は埼玉県北葛飾郡鷲宮町でしたが、現在は久喜市。
IMG_3133_1.jpg

開業は明治35年(1902)。浅草から東武スカイツリーラインの愛称のつく東武動物公園駅よりも先、東急田園都市線、東京メトロ半蔵門線からの直通電車で行ける久喜駅のひとつ先の駅です。
IMG_3141_1.jpg

駅前にロータリーのある東口。平日の午前中だから駅前なのに人が。。。駅舎の左手部分はかつては東武ストア鷲宮店でした。
IMG_3134_1.jpg
IMG_3136_1.jpg

西口、すぐ横を青毛新堀川が流れます。もう少し早く訪れれば桜がキレイだったのかなあ。
IMG_3137_1.jpg
IMG_3139_1.jpg

よろしければ是非クリックして下さい yukimi's blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram
yukimis' blog



[ 2014年05月11日 02:00 ] カテゴリ:駅探訪~埼玉、群馬、栃木 | TB(0) | CM(0)

巴波川沿い




今回の栃木市街の話のラストは、栃木の街の繁栄の礎を築いた、そして「蔵の街」栃木の有名な風景、巴波川沿い。

uzuha01.jpg

巴波川は栃木県中西部から栃木市街地を流れ、渡良瀬川に合流する一級河川。この近辺の流域にはこいのぼりの大群で飾られていました。
uzuha02.jpg

元和3年(1617)に徳川家康の霊柩を久能山から日光山へ改葬されてからは、朝廷からの勅使が毎年、日光に参向する例幣使街道の宿場町として栄えた上に、更に巴波川、渡良瀬川、利根川、江戸川などを通じて、江戸からは日光御用の荷物や塩、栃木からは木材や農産物等が舟により運ばれ、江戸との交易による舟運物資の集散地として商都として賑わっていました。
uzuha03.jpg

蔵の街栃木の代表的な風景、長い黒塀、白壁土蔵は塚田歴史伝説館。塚田家は江戸時代後期の弘化年間(1844~1848)から木材回漕問屋を営んでいました。
uzuha04.jpg

行きは一昼夜、帰りは三日三晩をかけて深川の木場まで運んでいたそうです。
uzuha05.jpg


店舗の右半分で麻問屋、左半分が銀行を営んでいた明治の豪商、横山家。横山郷土館として見学ができます。
uzuha06.jpg

こちらの扉から荷物を運び出していたそうです。
uzuha07.jpg

訪れた時期は瀬戸河原公園のソメイヨシノが満開でした。
uzuha08.jpg

まだまだ訪れたい場所がたくさんある街でした。
よろしければ是非クリックして下さい yukimi's blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram
yukimis' blog



[ 2014年05月10日 10:00 ] カテゴリ:街角 | TB(0) | CM(0)

旧栃木町役場




次は、嘉右衛門町の南端から更に南西へ300mほど。かつての栃木県、栃木市の行政の中心、入舟町へ。

明治4年(1871)の廃藩置県により、下野国は栃木県と宇都宮県となり、明治6年(1873)に2県は栃木県に統合され、明治17年に宇都宮市に県庁が移転するまで栃木市(当時は栃木町)が栃木県庁所在地でした。
IMG_3226_1.jpg

この建物はその栃木県庁跡地の一角に大正10年(1921)、栃木町役場として建てられました。

IMG_3229_1.jpg

建物の周囲の堀は県庁堀と呼ばれています。
現在の旧栃木市役所、栃木市立栃木中央小学校、栃木県立栃木高等学校のある区域がかつての栃木県庁の敷地跡で、その周囲に約1キロメートルに及ぶ堀を巡らされ、その堀が今も残っています。
IMG_3230_1.jpg

設計は当時の町の技師、堀井寅吉。塔屋付木造2階建で1階に事務室、食堂等、2階に議場、貴賓室等が設けられていました。
IMG_3228_1.jpg
IMG_3232_1.jpg

今年2月、栃木市役所が新庁舎に移転するまで、市役所別館として実際に使われていました。
よろしければ是非クリックして下さい yukimi's blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram
yukimis' blog



[ 2014年05月09日 19:57 ] カテゴリ:建築探訪~その他 | TB(0) | CM(0)

嘉右衛門町界隈4




嘉右衛門町界隈、今回は農薬・肥料店。
ヤマサみそ工場よりすぐ南の平澤商事。
kauemon31.jpg

トモエ化成、タキポリン、チッソホスカ。ブリキの看板もなつかしい。
kauemon32.jpg

住所は泉町になりますが、伝統的建造物群保存地区の南端に位置する、舘野家商店兼住宅。江戸時代から肥料と履物商を営み、嘉右衛門町界隈では珍しい洋風建築は昭和7年築。
IMG_3215_1.jpg
IMG_3216_1.jpg
IMG_3217_1.jpg

川越とはまた一味違う歴史的建物の町並みでした。
IMG_3214_1.jpg

伝統的建造物群保存地区から出て更に南へ歩きました。まだまだ栃木市内のお話です。

よろしければ是非クリックして下さい yukimi's blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram
yukimis' blog




[ 2014年05月08日 22:00 ] カテゴリ:街角 | TB(0) | CM(0)

嘉右衛門町界隈3




あらためて、栃木市嘉右衛門町界隈の重要伝統建造物保存地区を日光例幣使街道に沿って北側から。。。
まず見えてくる立派な商家は油伝味噌。
IMG_3169_1.jpg

のれんに書かれているように、創業天明年間(1781~1788)油屋として創業、その後、幕末から味噌の醸造を始めました。店舗の一角で味噌田楽店を併設しています。
IMG_3168_1.jpg
IMG_3167_1.jpg

さらに南に行くと、ヤマサ味噌の工場がみえてきました。油伝味噌に比べたら大規模な工場ですが、どうやら現在は稼働していないみたいです。街道沿いの古い建物には崩壊防止のネットが。
IMG_3170_1.jpg
IMG_3171_1.jpg

タンクも錆びつき、塀も傾いていました。
IMG_3177_1.jpg

IMG_3173_1.jpg

「品質は農林大臣賞、施設は厚生大臣賞、労務管理は労働大臣賞受賞」だそうです。ちなみに千葉県銚子の醤油メーカーとは全く関係ありません
IMG_3176_1.jpg

ネットを検索してみましたが、ヤマサ味噌についての詳しいことは分りませんでした。
嘉右衛門町界隈散策はまだまだ続きます。

よろしければ是非クリックして下さい yukimi's blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram
yukimis' blog




[ 2014年05月06日 22:43 ] カテゴリ:街角 | TB(0) | CM(0)

嘉右衛門町界隈2




岡田家の入口の並びにある建物。門の左にあるのはかつては郵便局として使われていたそうです。現在は喫茶店です。
IMG_3182_1.jpg


門の右手の何軒目かにあるのは栃木で一番古い床屋だったそうです。
IMG_3210_1.jpg

岡田記念館に入ると、裏側からお店の様子がみれます。
IMG_3184_1.jpg
IMG_3187_1.jpg
IMG_3186_1.jpg

6代目の店主が高齢を理由に閉店する平成元年まで実際に営業していたそうです。

よろしければ是非クリックして下さい yukimi's blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram
yukimis' blog



[ 2014年05月04日 20:49 ] カテゴリ:街角 | TB(0) | CM(0)

嘉右衛門町界隈1




新栃木駅前の県道を西へ700mほど歩き、スーパーのヤオハンの先で左折。
この道は日光例幣使道と呼ばれ、かつて日光東照宮の例祭の折、天皇の勅使が捧げ物を届けるために通った道で、現在でも重要伝統的建造物群保存地区に選定され、江戸末期から昭和初期に建てられた建物が点在します。
IMG_3205_1.jpg
IMG_3213_1.jpg
IMG_3211_1.jpg

まずは町名にもなっている岡田嘉右衛門家。敷地内は岡田記念館として一般公開されています。
IMG_3181_1.jpg

天正年間(1573~1592)、武士から帰農した岡田嘉右衛門は荒地を開墾して開拓し、徳川家から「嘉右衛門新田村」という名称を賜りました。敷地に残る土蔵には岡田家伝来の宝物が展示されています。

IMG_3190_1.jpg
IMG_3194_1.jpg
IMG_3196_1.jpg
IMG_3189_1.jpg

貞享2年(1685)から旗本畠山氏領の支配下に置かれましたが、岡田家は豪農として栄え、村が畠山氏の知行地になると元禄2年(1689)に屋敷内に陣屋を置き、下野国内の畠山領内の村の惣代名主を務めました。
IMG_3180_1.jpg

畠山陣屋が現存し、一時期代官職をここで代行しました。
IMG_3202_1.jpg
IMG_3201_1.jpg
IMG_3203_1.jpg

近くの巴波川沿いには22代当主が70歳を迎え発起し建てた隠居所、通称「翁島」があります。大正13年に竣工されました。
IMG_3207_1.jpg
IMG_3206_1.jpg

岡田家は例幣使街道沿いの現在地に居宅を構え、代々嘉右衛門を襲名しています。現当主の岡田嘉右衛門は26代目だそうです。

よろしければ是非クリックして下さい yukimi's blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram
yukimis' blog





[ 2014年05月02日 22:14 ] カテゴリ:街角 | TB(0) | CM(0)

新栃木駅




栃木駅は栃木市の市街地の南側に位置しますが、東武日光線の日光に向けて次の駅が新栃木駅です。栃木市の市街地の北東部に位置します。
IMG_3165_1.jpg

栃木駅と違い、何となくのんびり感のある駅。
IMG_3164_1.jpg

電車はひとつ手前の栃木駅から運行されますが、当駅は東武宇都宮線の起点となります。
IMG_3163_1.jpg
IMG_3160_1.jpg

私の場合、栃木の街散歩をこの新栃木駅を起点に、栃木駅に向かうルートで行ってみました。この話は次回から。

よろしければ是非クリックして下さい yukimi's blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram
yukimis' blog



[ 2014年05月01日 06:30 ] カテゴリ:駅探訪~埼玉、群馬、栃木 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

yukimi

Author:yukimi
yukimis blog

カウンター
08/3/20~:
13/2/24~:
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ(全件)
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム