yukimis blog

それが、yukimiクオリティ。ほとんど、ソロ活。
yukimis blog TOP  >  2013年02月

旧神奈川宿前 大綱金毘羅神社

大綱金毘羅神社 (JR線、東急東横線横浜駅きた西口徒歩5分、京急本線神奈川駅徒歩3分)
〈御祭神〉大物主神、金山彦神、日本武尊、大山祇神

東横フラワー緑道を横浜側に抜けると横切る道路は旧東海道。その右手にある神社です。
ちょうど安藤広重「東海道五十三次・神奈川」に描かれている海沿いの坂道あたり。ということは道路の左手は海だったということです。
kanagawa01.jpg

古来、飯綱大権現、金刀比羅大権現と称し、飯綱大権現は台地のもっと上に鎮座していました。創建は平安時代末期または江戸時代寛永年間ともいわれています。

kanagawa02.jpg

明治2年に大綱神社、金刀比羅神社と改称し、さらに明治44年に大綱神社は山の中腹に鎮座していた金刀比羅神社と合祀し大綱金刀比羅神社と改称しました。

合祀後、社殿があった場所は、昭和60年(1985)に裏山が崩れたことにより社殿が倒壊し空地に。
kanagawa03.jpg

現在は仮社殿が社殿跡の左手にあります。
kanagawa04.jpg

仮社殿の横にある大きな天狗面は、御神木が大きくなり過ぎて、3mほどに切り上部を天狗の顔に彫ったもの。
江戸時代、天狗のお面を乗せた船が動かなくなり、その夜船頭の夢枕に天狗が現れ、お面を神社に置いていけと御託宣。その通りにすると無事に動いたという伝説があります。
kanagawa05.jpg

鬱蒼とした緑に囲まれ、静かな境内なので、いきなりこの天狗に会うとビックリです。

大綱金刀比羅神社 ホームページ
横浜市神奈川区台町7-34

よろしければ是非クリックして下さい
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram
yukimis' blog
[ 2013年02月28日 13:51 ] カテゴリ:百寺社巡礼~神奈川、伊豆 | TB(0) | CM(2)

綱島温泉

横浜市港北区樽町2丁目、綱島街道大綱橋の南側、道路の隅に小さな石碑が。
tunasimaspa01.jpg

彫りが浅いので読みずらいですが、「ラヂウム霊泉湧出記念碑」と彫られています。大正3年(1914)に井戸を掘ったところ赤い水が出たので、天然氷の事業をしていた大綱村長 飯田助大夫快三は、水質検査を依頼したところ、ラジウム温泉と認められたそうです。
tunasimaspa02.jpg


大正15年(1927)には東横線(旧東京横浜電鉄)が開通し、綱島駅も当初は綱島温泉駅という駅名でした。
東京の奥座敷とも呼ばれたほどの温泉街で多くの温泉旅館がひしめき、先代林家三平の新婚旅行先は綱島温泉だったそうです。
写真の鶴見川沿い、東横線の背後のマンション群もかつては旅館街でした。
tunasimaspa03.jpg

現在、綱島温泉の名残を止めているのが日帰り温泉施設「綱島ラジウム温泉東京園」。
元は旧東京横浜電鉄が昭和2年(1927)に開業した「綱島温泉浴場」。一般客は入浴料20銭、ただし往復乗車券を持っている人は無料でした。
東京園が引継いだのは戦後のこと、三橋美智也は東京園でボイラーマンをしていました。

tunasimaspa04.jpg

綱島はかつて、日本有数の桃の産地でもあったそうです。
何だかエピソードに事欠かない街みたいです。

よろしければ是非クリックして下さい
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram


[ 2013年02月27日 10:07 ] カテゴリ:街角 | TB(0) | CM(0)

とんかつ百万石





浅草橋でのお昼ご飯ネタその2として、今回はとんかつ百万石です。店名の通り昭和20年に創業した先代は石川県出身。
hyakumangoku01.jpg

とんかつ定食はこれで1000円以下。
hyakumangoku02.jpg

豚肉の醤油焼き定食のぷるぷる定食。ご主人が昔、神田小川町にあった「キッチンひさご」で修行していた時のオリジナルメニューで、フライパンで焼いている様子がぷるぷるしているからだそうです。
hyakumangoku03.jpg

カウンターと小上がりの座敷のある店内の奥には、中庭と座敷の個室があります。
hyakumangoku04.jpg

とんかつ百万石
東京都台東区柳橋1-12-12 浅草橋駅から徒歩3分
営業時間:11:30~14:00 18:00~22:00 定休日:土曜、日曜、祝日


よろしければ是非クリックして下さい
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram食べログ グルメブログランキング

yukimi's blog
[ 2013年02月25日 16:05 ] カテゴリ:グルメ~都内 | TB(0) | CM(2)

ブログ、引越して参りました

今まで、ぷららBroachによりブログを制作していましたが、本日よりFC2に引越してきました。

引越につきましては、有限会社パンパシフィックシステム様カンタン!ブログお引越しサービスを利用
し、速やかに引越作業を終えることが出来ました。

過去の記事約1300件は画像も文章も、ご覧の通り新しいブログでも特段の問題もなく再現できています。
引続き当ブログをご贔屓いただきますようよろしくお願い申し上げます。

yukimi's blog



[ 2013年02月24日 00:00 ] カテゴリ:yukimi's blog | TB(0) | CM(0)

柳橋 傳丸

場所は浅草橋というか、お店の雰囲気から柳橋といった方がお似合いのお店でお昼を。元料亭のお店は黒塗りの壁が花街の雰囲気のままです。
denmaru01.jpg

夜はそれなりのお値段ですが、ランチは千円以下とリーズナブル。

まぐろぶつぎり定食
denmaru02.jpg

煮魚の定食
denmaru03.jpg

2階の大広間が落ち着きます。
denmaru04.jpg

傳(伝)丸
台東区柳橋1-6-3 浅草橋駅から徒歩3分
営業時間:11:30~14:00 17:30~22:00 定休日:日曜、祝日


よろしければ是非クリックして下さい
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram食べログ グルメブログランキング

yukimi's blog
[ 2013年02月23日 12:15 ] カテゴリ:グルメ~都内 | TB(0) | CM(0)

東横フラワー緑道 その2、反町駅





反町駅から東横フラワー緑道のお散歩の続きです
flower11.jpg

フラワー緑道に立っていたプレートに載っていた旧反町駅。
flower12.jpg

国道1号線をまたぐ鉄橋は撤去されず今も残り、歩道として使われています。
flower13.jpg

ホームは地下ですが、改札口は以前と変わらず国道1号線に面した地上にあります。
flower14.jpg
flower15.jpg
flower16.jpg
flower17.jpg

かつてホームがあった辺りです。
flower18.jpg

電車が駅に停車するとき、ホームからはみ出るかどうかの限界を示すプレートが。
flower20.jpg

トンネルは補修され、歩行者が通行出来るようになりました。しかしトンネルのみ通行時間が6時~21時30分に限定されています。
flower19.jpg

大体、トンネルは140mほど、外より涼しい風が抜けていました。
flower21.jpg

迂回したり、高台を通らず横浜駅西口方向へ簡単に行けるので、トンネルを歩いていても寂しいって感じはありません。
flower22.jpg

高島山トンネルの横浜側の出口。トンネルの上を高島山または高島台といい、横浜開港期に鉄道用地の埋立
や瓦斯事業などの功績で知られる高島嘉右衛門が晩年に住でいたことから、そう呼ばれていました。
flower23.jpg

フラワー緑道の横浜側の終点。左手にはJR線、京急線が走っています。正面の高速道路の向こうが横浜駅。
flower24.jpg

よろしければ是非クリックして下さい  [375.333]
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

yukimi's blog
[ 2013年02月21日 09:59 ] カテゴリ:駅探訪~神奈川・伊豆 | TB(0) | CM(0)

ブログのお引越し

いつも yukimi’s blog にお越しいただきありがとうございます。

東横線渋谷駅が地下に移行されるから、それに合わせてという訳ではありませんが、
当ブログも引っ越そうかと考えております。

きっかけは1月29日付のぷららからのhttp://www.plala.or.jp/support/info/2013/0129/" target="_blank">重要なお知らせ

なんと5月30日でブログサービスBroachの新規申込受付が停止になるではありませんか。
ブログサービス自体が停止という訳ではありませんが、ぷららがこれ以上ブログサービスの
拡大はしないということでしょうから、引越しを決めました。

当ブログもオープンしてから間もなく5年が経とうとしています。
1300件くらいのお話を載せてきましたが、それらを置き去りにして引越すのも偲びがたく、
だからといって全件手作業でコピーするのも不可能だと思いつつネットを検索していたら、
「カンタン!ブログお引越しサービス」に申し込みました。 http://blog-switching.com
ぷららBroachのブログのお引越しにも実績があるみたいです。
料金は1回税込5千円。手間と費用を考えればお願いする価値あるかなと思いお願いしてみ
ました。

無事に過去の記事ごと引っ越せるか、これからの進捗を見守りください。

yukimi’s blog

 

[ 2013年02月20日 19:57 ] カテゴリ:yukimi's blog | TB(0) | CM(4)

東横フラワー緑道 その1

東急東横線と横浜高速鉄道みなとみらい線と直通運転を開始したのが平成16年。この時、東白楽駅-反町駅-横浜駅間が地下化され、横浜駅-桜木町駅間が廃止されました。


東白楽駅から横浜駅に向かって東横線沿いを歩くと、まず親水施設がある滝の川せせらぎ緑道へ。道路名の通り滝の川という小河川を暗渠化された上を遊歩道に整備しました。


東横線のトンネル入り口。


トンネルの上から。


東白楽駅-横浜駅間の線路跡地は「東横フラワー緑道」と名付けられた遊歩道として整備されました。遊歩道はトンネル入り口上から横浜に向ってトンネル内部を通る線路の勾配に合わせてスロープとなっています。


旧新太田町駅跡付近。


植え込みには駅跡を記す石標が。私は存在に気付かずスルーしてしまったので、ブログ鉄道と自然のヒーリング写真館様 から写真を提供していただきました。ありがとうございました。


東横線が地下化になる前は高架橋が続いていました。


緑道には通風孔が並んでいます。電車が地下を通ることにより騒音が無くなってよかっただろうと思いきや、電車が地下を通るたびにゴーという音がはっきり聞こえてきます。


反町駅に着きました。


次回につづく。

.

よろしければ是非クリックして下さい
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram yukimi's blog

[ 2013年02月20日 07:39 ] カテゴリ:街角 | TB(0) | CM(0)

サンマーメン

神奈川県のご当地ラーメン、サンマーメン。発祥のお店と言われている横浜市中区伊勢佐木町5丁目の玉泉亭へ。


国道16号線の横浜中郵便局前の信号からイセザキモールの方向へ入ったところにありますが、看板が大きいのですぐわかります。創業は大正7年(1918)。


サンマーメンは戦前、調理人達のまかない料理だったもので、とろみを付けた肉そばが原形。戦後になると、醤油味がベースのスープに具は豚肉とモヤシ、キャベツ程度で、その季節に有る具に片栗粉を溶いたあんをかけた簡単なものでしたが、当時はラーメンよりボリュームがあり美味しく、あんがかかっているので寒い季節は温まるので、横浜から徐々に中華店のメニューとして広がっていったそうです。


サンマーメンと一緒に注文した餃子。町のラーメン屋さんのシンプルな感じの餃子でした。


横浜駅の東西両地下街に支店があります。


中国料理 玉泉亭
 
横浜市中区伊勢佐木町5-127 曙町バス停徒歩3分
営業時間11:30~21:30 火曜日


よろしければ是非クリックして下さい [405]
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram食べログ グルメブログランキング yukimi's blog

[ 2013年02月19日 08:55 ] カテゴリ:グルメ~神奈川、伊豆 | TB(0) | CM(0)

東急東横線 渋谷駅

東京都渋谷区、東急東横線渋谷駅です。


東横線が開業したのは昭和2年(1927)、 そしてターミナルデパートの東急百貨店東横店東館(旧東横百貨店)は昭和9年に創業しました。現在のかまぼこ状の屋根は昭和39年(1964)に完成、多くの都営バスが発着していた場所は都電のターミナルでもありました。
 


2階にある正面口改札。
 



乗降人員は1日40万人超、田園都市線の乗降人員および半蔵門線との直通客と合わせれば100万人超と、当然ながらの東急電鉄最大のターミナル駅ですね。
 
 


電車の編成がながくなるにつれてホームを伸ばしていったため、ホームの先端に向かってカーブになっています。


夜の光景を
 


東急電鉄の新しいマスコットキャラクター「のるるん」。後ろ側にまわって口から顔をだせます。


この景色も10年経つと様変わりでしょう。


よろしければ是非クリックして下さい [370.340]  
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

[ 2013年02月17日 08:37 ] カテゴリ:駅探訪~東京23区 | TB(0) | CM(0)

ひと駅散歩 代官山~渋谷2

東横線沿いに代官山駅から渋谷駅に向けてのひと駅散歩、JR山手線・埼京線と東横線がクロスする鉄橋が見える跨線橋から続きます。

鉄橋を超えると大きくカーブし渋谷駅へ。
 

猿楽橋から。

猿楽橋から並木橋交差点、その向こうの登り坂は八幡坂で青山学院の脇に出られます。

並木橋交差点から。この付近に戦前は駅がありました。

さらに渋谷に向かって高架は続きます。けっこうディープな雰囲気。

JR渋谷駅新南口前。

渋谷駅手前、4番線寄りから。高架下は百貨店の納品のための施設がありました。

雑居ビルの裏と東横線に挟まれ、更には水質も悪い渋谷川付近も、遊歩道など親水空間をつくり憩える水辺に生まれ変わる計画があるそうです。

 

渋谷駅に着きました。

3月16日からこの明治通りの下を東横線の電車が走ります。

あと一か月。

.
よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印)     [362]
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

[ 2013年02月16日 08:16 ] カテゴリ:街角 | TB(0) | CM(0)

ひと駅散歩 代官山~渋谷1

かつて、ちい散歩の企画で「ひと駅散歩」というのがありましたが、今回3月16日で渋谷駅地下化目前の東急東横線代官山駅-渋谷駅間をお散歩。地井さんみたいに情緒やほのぼのした内容はありません。ただの撮り鉄です(笑)。

代官山駅付近。ここから地下の渋谷駅に向かって下り坂。

16日未明の切り替え作業のために線路の周囲を鉄骨で囲んでありました。

ちなみに2年半前(平成22年8月)の様子。

.
渋谷1号踏切付近。代官山から恵比寿へ抜ける裏道として狭いながらも自動車の交通量も多い踏切です。代官山駅から100mくらいの場所ですが、このあたりではすでに線路は道路の下を通ります。
 
 
 

.
渋谷区コミュニティバス「ハチ公バス」も走る道路。東横線の高架真横にあった天沼酒店は、隣の仮店舗で営業中だそうです。いつの間にかこの下にトンネルが出来ているとはまいった顔
 

山手線、埼京線をまたぐ鉄橋に出てきました。山手線外回りの電車は45km/hで減速運転中。

続きは次回へ。

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印) [365]  
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

[ 2013年02月15日 07:59 ] カテゴリ:乗り物~鉄道 | TB(0) | CM(0)

東急9000系 @東横線

あと東横線の9000系は、副都心線乗り入れ対応改造工事を行なわず東横線の運用から退くそうです。

渋谷駅。

9000系は昭和61年(1986)に東横線にデビュー。東急初の量産型のVVVF(Variable Voltage Variable Frequency:可変電圧可変周波数)インバータ制御装置で駆動する、かご形三相誘導電動機で動く電車です。

渋谷川横。

と言っても工学部ではないので何だかさっぱりわかりませんが、いわゆる発車時の床下から聞こえる「プィーン、プィーン、プィーーン」って音がするやつです。

代官山駅。この日は上りの臨時列車としてタモリ倶楽部のロケを行ったそうです。渋谷でタモリさん達を降ろして回送で引き揚げているところ。

通勤用車両としては珍しい、4人組のボックスシートが車両の両端に設置されていたのも特徴でした。ちょっと足元が狭かったけどグループで横浜に行くときは絶対そこに座っていました。。

田園調布三丁目付近。

多摩川駅。

多摩川橋梁。

新丸子駅より。

鶴見川橋梁。

神奈川工業高校横。

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印)  [420]
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

[ 2013年02月14日 08:12 ] カテゴリ:乗り物~鉄道 | TB(0) | CM(0)

東急1000系 @日比谷線

東急東横線と東京メトロ日比谷線との相互直通運転終了に伴い、今回は東急の日比谷線直通用車両1000系の撮り鉄。

北千住駅から。

北千住駅。

南千住駅から。

南千住駅から。

恵比寿駅。

中目黒駅から。

中目黒駅。

直通運転終了後の転属先はいかに。。。。

今回も番外編。一世代前の直通運転に充当されていた車両。左が日比谷線3000系、右が東横線7000系。両方とも冷房がありません汗

.
よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印)  [427]  
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

[ 2013年02月13日 08:04 ] カテゴリ:乗り物~鉄道 | TB(0) | CM(0)

東京メトロ03系 @東横線

3月16日にいよいよ東急東横線・横浜高速鉄道みなとみらい線と東京メトロ副都心線、西武線、東武線との直通運転が始まります。
東横線に乗ると、新宿や池袋、西武池袋線や東武東上線沿線まで山手線に乗り換える必要もなく行けるとは。。。。

そこで yukimi's blog 久々の大鉄ネタ企画。変わりゆく東横線ネタシリーズ。副都心線との直通運転開始の代わりに、開始前日の3月15日に東急東横線と東京メトロ日比谷線との相互直通運転は終了します。
そこで、東急線を走る東京メトロ03系特集です。まずは菊名駅の引上げ線。右は先行営業運転中だった東京メトロ副都心線の7000系。

大倉山駅から。

鶴見川の堤防から。

鶴見川 大綱橋から。

元住吉駅。特急の通過待ち。

元住吉駅改札前広場から。奥のビルは渋谷のセルリアンタワー。

新丸子駅から。

多摩川橋梁、浅間神社から。

多摩川駅から。

奥沢五丁目付近。平日16時頃にタイミングが合えば。。。

自由が丘駅から。

中目黒駅から。

.
番外編として、まずは代官山駅。日比谷線運転見合わせ時に渋谷に疎開中だった車両。回送ではなく武蔵小杉行として営業運転していました。

渋谷駅。北千住行のまま入線してきました。

奥沢駅。日比谷線の車両の定期検査は鷺沼工場で行うので、東横線-大井町線-目黒線-田園都市線を経由して工場まで回送されますが、この写真はその帰り。今後はどうするのでしょう。

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印) [483]  
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

[ 2013年02月12日 08:09 ] カテゴリ:乗り物~鉄道 | TB(0) | CM(0)

東京トンテキ

渋谷駅東口、国道246号線の角の雑居ビルの2階にある東京トンテキ渋谷店でお昼ごはん。とんてきは三重県四日市市内の中華料理店 來來憲(らいらいけん)が発祥とされ、その後、ご当地グルメとしてPRされ始めました。味付けや肉質は各店舗によりて異なりますが、四日市とんてき協会の「四日市のとんてき」の定義によると、①黒っぽい濃味のソース、②厚切の豚ロース肉、③ニンニクが添えられる、④千切りキャベツの付け合わせ が特徴。
 

渋谷店はオーナーが現地でその魅力にひかれ開業した1号店。
 

東京トンテキのとんてきはご覧の通りです。肉はグローブ型に切れ込みが入っていますが、更に一口サイズに切る時はソースが飛ばないようにご注意を。
 

現在、店舗は渋谷駅東口、大阪なんばパークス、札幌南1条西の3店舗。

東京トンテキ ホームページ http://tokyotonteki.jp/

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印)   [412.364]
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram食べログ グルメブログランキング

[ 2013年02月10日 08:14 ] カテゴリ:グルメ~都内 | TB(0) | CM(0)

村野藤吾メモリアル6 今だけ裏側も見える旧興銀本店

東京都千代田区丸の内のみずほコーポレート銀行本店です。旧日本興業銀行本店ですが、昭和49年(1974)築で設計は村野藤吾、私が見てきた村野氏の作品は外壁が白やグレーの建物が多かったので、褐色ののこの建物は一際鮮烈に思えます。

周囲のビルが建て替えられて大きくなったため、小さなビルに思えますが存在感は負けていません。

そして、今だけ限定、西側に隣接して建っていた旧住友銀行の東京本部でもあった三井住友銀行大手町本部ビルが建て替えのため解体されたため、みずほコーポレート銀行本店ビルの裏側の姿が見られます。
 

このビルはいつまで在り続けるのでしょうか。

【関連記事】
2008.11.26 村野藤吾メモリアル
2009.11.7 村野藤吾メモリアル2 近鉄 賢島駅
2009.11.8 村野藤吾メモリアル3 志摩観光ホテル
2009.11.26 村野藤吾メモリアル4 大宴会場「飛天」その1、村野藤吾メモリアル4 大宴会場「飛天」その2   
2009.11.28 村野藤吾メモリアル5 ちょこっと御堂筋編

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印)    [364]
 
yukimi's blog

[ 2013年02月08日 08:31 ] カテゴリ:建築探訪~村野藤吾 | TB(0) | CM(0)

皇居東御苑 その3

高台にある天守台や本丸跡の大広場から坂道を降りて、二の丸跡の一帯へ。

この本丸と二の丸をつなぐ急坂は汐見坂といわれ、昔はこの坂から海を眺めることができたそうです。

.
二の丸雑木林。かつては二の丸御殿があった場所です。昭和43年の皇居東御苑開園当初は大きな芝生の庭園でしたが、昭和天皇の御発意により、武蔵野の面影を持つ雑木林として整備されました。

二の丸跡の北側の出入り口にあたるのが平川門。江戸城の裏門、本丸からも鬼門の方角にあたるので不浄門とか言われ、罪人や死人はこの門から出されました。浅野内匠頭や大奥の絵島も、この門から出されたそうです。
 

大奥に最も近いので、大奥女中達の出入りする通用門でもあり、門限に遅れた春日野局は翌朝の開門時刻までここで一夜を明かしたそうです。

ということで、再び平川門から苑内へ戻りました。
諏訪の茶屋と呼ばれるこの木造家屋は、江戸時代には現在の吹上御苑(御所)近くにあった茶室で、皇居東御苑の整備と共に現在地に移されました。現在の建物は明治45年(1912)年に吹上御苑に建てられたものです。

東御苑でご紹介する最後のポイントは二の丸庭園。かつて小堀遠州作の回遊式庭園がここにありましたが、9代将軍徳川家重時代の庭絵図面をもとに復元されました。
 

庭園の池を泳ぐ鯉はヒレナガニシキゴイ。今上天皇が皇太子殿下として昭和52年(1977)に埼玉県水産試験場を視察されたおり、インドネシアに鰭の長いコイがいるので日本のニシキゴイと交配してはとの提言により生まれました。長い鰭により泳ぐ姿が優雅に見えます。

皇居の西側もいずれ、お散歩してみます。

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印) [392]  

yukimi's blog

[ 2013年02月07日 08:43 ] カテゴリ:お出かけ | TB(0) | CM(0)

皇居東御苑 その2

坂を登りきると江戸城本丸跡。今は芝生の大広場ですが、奥の天守までの間に、表、中奥、大奥などの建物がありました。何度かの火災による焼失のたびに再建されてきましたが、文久3年(1863)の火災により焼失した以降は再建されず明治維新をむかえました。

.
本丸の南端に建つのが富士見櫓。

皇居前広場側から見た富士見櫓。

.
東側の展望台からは、オフィス街が一望。
 
 
 

.
忠臣蔵で有名な松の廊下の跡は石標だけで、特に何もありません。松の廊下は大広間から将軍との対面所である白書院に至る全長約50m、幅4mほどの畳敷の大廊下でした。

.
天守台がやっと見えてきました。

江戸時代に入ると本丸の天守は何度か改築されていましたが、明暦の大火(明暦3年(1657))で焼失されて以降は再建されず、それ以降は富士見櫓が天守の役割を果たしていました。

天守台から北の丸公園の方向。下の門は北桔橋門。

それにしても、大手町、丸の内の至近にこんな大きな広場があるとは。。。

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印)   [428]
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

[ 2013年02月06日 08:57 ] カテゴリ:お出かけ | TB(0) | CM(0)

皇居東御苑 その1

東京在住ながら、訪れたのは小学校の社会科見学以来の皇居東御苑です。大手門の正面から伸びるのは永代通り。

まずは大手門から苑内へ。東御苑の入口はこの大手門と平川門、北桔橋門の3ヶ所。今回は丸の内、大手町のオフィス街や地下鉄大手町駅から近い大手門から。
  

大手門はいわゆるお城の正門。一の門の大手高麗門、明暦大火(明暦3年(1657))以降に再建されたもの。

大手高麗門をくぐると、城壁に囲まれた空間の右手に二の門の大手門渡櫓。渡櫓は戦災後、昭和42年(1967)再建。

.
大手高麗門をくぐり江戸城本丸へ向かう途中には数々の番所が。大手高麗門の次にあったのは大手三の門。現在は石垣しか残っていませんが、石垣の向こうには警固する与力・同心がつめていた同心番所あります。ここを駕籠に乗ったまま通ることが出来たのは、尾張・紀伊・水戸の徳川御三家だけで、それ以外の大名は下乗し、検問を受けました。

三の門跡を抜けたところの左手にあるのが百人番所。長さ50mを超え、大手三の門を守衛した江戸城本丸御殿最大の検問所。鉄砲百人組と呼ばれた根来組、伊賀組、甲賀組、廿五騎組の4組が交代で詰め、各組とも与力20人、同心100人を配置させて警護していました。

大手三の門を抜けたところの右あったのは中之門跡、その奥にあるののが本丸への最後の番所である大番所。

更に坂道をのぼって本丸跡へ。

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印)    [349]
 
yukimi's blog

[ 2013年02月05日 07:27 ] カテゴリ:お出かけ | TB(0) | CM(0)

山手のドルフィンは~♪ その2

歌のことばかりで料理の話をしていませんでした。

オムライスはデミソースの牛肉がやわらかかったです。

ランチの魚料理。メダイのポワレ

パスタランチはスモークサーモンとホウレン草のフィトチーネ。

デザートメニューから、ドルインパフェ。

ドルフィン 
神奈川県横浜市中区根岸旭台16-1
営業時間 11時~22時(LO21時) 無休

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印)    [323.309]

yukimi's blog

[ 2013年02月03日 17:24 ] カテゴリ:グルメ~神奈川、伊豆 | TB(0) | CM(0)

山手のドルフィンは~♪ その1

友人が横浜のドルフィンってレストラン知ってる? 深夜のテレビ番組で話が出てきたんだけど。。。。
松任谷由美が荒井由美時代の昭和49年(1974)にリリースしたセカンドアルバム「MISSLIM」の中に収録されている「海を見ていた午後」の歌詞に出てくるお店。。。。
リリースされた頃は小学生だったから知らずに今日まで来てしまいました。

お店の入口には訪れた有名人のサインがはいったお皿が並べられていましたが、もちろんユーミンのも。

.
それでは、このお店を取り上げるブログによくありがちな、歌詞の検証風に。。。。

♪ あなたを思い出す この店に来るたび 坂を上って きょうもひとり来てしまった

根岸駅前から東へ500m、根岸不動下の信号を左折し道なりに進むと不動坂という長い坂が続きます。途中、歩道が狭く歩きにくい場所もあるので、というより私は坂道がキライなのでバスで行きました。
横浜駅東口から103系統根岸台行の市営バスで30分、旭台バス停で下車すると徒歩2分ほどで着きます。また、21系統桜木町駅前-根岸駅前・市電保存館前のバス路線でも旭台バス停を通ります。
 


♪ 山手のドルフィンは 静かなレストラン

静かとはいえお客さんはそれなりに入っていました。
 

通常のレストラン営業は2階、大きな窓から降り注ぐ日差しが暖かでした。

フロアにはテラスもあり、喫煙ができるように灰皿もおいてあります。工場萌えの人も喜びそうな国内最大級の日石の根岸製油所、歌の出来た頃にはなかった首都高速湾岸線。

.
♪ 晴れた午後には 遠く三浦岬も見える

もちろん三浦岬という呼ばれ方は実際にはしませんが、目の前の丘の斜面に建つマンションがちょっと邪魔なものの、三浦半島の山並みが観音崎まで見えます。横須賀の猿島や久里浜の火力発電所の三本の煙突も。
 

房総半島の山並みも。右手はyukimi's blogではおなじみの鋸山。

.
♪ ソーダ水の中を 貨物船がとおる

これがこのお店の人気メニュー「ドルフィンソーダ」、コンビニで商品化されたほどなんだそうです。オレンジの皮をイルカっぽくカットしてあるところが可愛いです。

ソーダ水の中には東京湾を航行する船は透き通りませんが、ソーダ水越しに見える海には大型のコンテナ船やLNGタンカーが航行していました。
 

.
♪ 小さなアワも恋のように消えていった。。。。

ドルフィン 
神奈川県横浜市中区根岸旭台16-1
営業時間 11時~22時(LO21時) 無休

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印)  

yukimi's blog

[ 2013年02月03日 08:58 ] カテゴリ:街角 | TB(0) | CM(0)

根岸競馬場スタンド跡 界隈

横浜市中区にある根岸森林公園は、慶応3年にアメリカ人クラブにより日本初の洋式競馬が行われた場所。明治13年に運営が日本競馬クラブに引継がれ、競馬場は昭和18年(1943)に日本海軍に接収されるまで多くの人々で賑わいました。
 

昭和5年(1930)にはJ・H・モーガンの設計により下見所、一等馬見所、二等馬見所の3つの建物が建設されましたが、現在では一等馬見所だけ残っています。
 
 

塔屋はエレベータが設置されていたそうです。
 
 
.

戦後は米軍に接収され、住宅地やゴルフ場などに使用されていましたが、昭和44年(1969)に一部が米軍より返還され、大きな芝生広場を中心にした森林公園として昭和52年(1977)に開園しました。

.
現在でもまだ米軍根岸住宅地として、森林公園やスタンド跡の周囲は米軍に接収された用地が一部残っています。森林公園および米軍用地入口への道路は共通管理。

スタンド跡の真横が米軍用地のため、スタンド跡の保存、公開も色々と制約があるみたいで、スタンドは修繕もされず手つかずの状態のまま。

米軍の消防署とはいえ、日本の公道に面して建っています。
 
 

真ん中の消防車はアメ車。
 
.

洋式競馬発祥の地ということで、公園に隣接してあるのは根岸競馬記念公苑。JRAの外郭団体により運営され、馬の博物館やポニーセンターがあります。
 

根岸ステークスは先週行われたかな。

 

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印)   [339] 
 
yukimi's blog

[ 2013年02月02日 08:03 ] カテゴリ:建築探訪~その他 | TB(0) | CM(0)

明治生命館地下のオイスターバー

明治生命館の地下にあるオイスターバー&シーフードレストラン、グランド・セントラル・オイスター・バー&レストラン丸の内。
 

本店は、ニューヨーク マンハッタンにあるターミナル、グランド・セントラル駅構内に1913年に創業。世界2号店として品川駅構内に、そして第3号店がこの明治生命館の地下のお店です。
 

オイスターロックフェラー。ニューヨーク本店の一番人気で、石油王ロックフェラーの名前にあやかった一品。牡蠣の旨味をオランデーズソースに閉じ込め、オーブンで焼きあげています。
 

本店に行ったことがある友人曰く、ニューヨーク本店と雰囲気は似ているそうです。

グランド・セントラル・オイスター・バー&レストラン ホームページ http://www.oysterbartokyo.com/

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印)  [327]

yukimi's blog
 

[ 2013年02月01日 08:30 ] カテゴリ:グルメ~都内 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

yukimi

Author:yukimi
yukimis blog

カウンター
08/3/20~:
13/2/24~:
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
月別アーカイブ(全件)
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム