yukimis blog

それが、yukimiクオリティ。ほとんど、ソロ活。
yukimis blog TOP  >  2011年09月

旧軽井沢駅記念館

軽井沢駅が開業したのは明治21年(1888)、群馬県側の横川とを結ぶ碓井馬車鉄道の駅として。更に同年には日本海側の直江津と軽井沢を結ぶ鉄道が完成しました。

新幹線開通前の軽井沢駅舎は明治43年(1910)に建築されました。しかし新幹開通を期に従来の駅舎は取り壊されましたが、当時と同様の屋根材などを使用して、平成12年に北口のすぐ脇に(旧)軽井沢駅記念館復元されました

1階は信越本線碓氷峠越えに関する資料室。2階は貴賓室。

駅舎を抜けると1番線ホーム。高崎、上野方面行きの電車が停車していました。次の駅は横川、標高差は約550m。

明治26年(1893)には碓氷峠越えを普通のレールの中央にギザギザのレールを敷き、機関車の歯車と噛み合わせながら急勾配を上り下りする方式のアプト式ラックレールを採用した鉄道が開業しました。
電化されたのは明治45年(1912)、その際、鉄道院が明治45年(1912)にドイツより輸入したのがこの電気機関車10000形(EC40)です。旧駅舎の裏手、旧信越本線1番線ホーム前に保存されています。

アプト式鉄道から普通の車輪のみで走行する方式に変わったのは昭和38年(1963)。急勾配走行のために電車や列車に補助機関車2両が峠の麓側に連結され、勾配を上るときは後押し、下るときは先頭で抑速をする役目を果たしていました。そのEF63形の電気機関車も旧1番線で保存されています。

特急あさま号に乗り機関車を連結する間の数分の停車時間、ホームに降り深呼吸したときの空気の爽快感は最高でした。

.
最後に、旧駅舎の前に何やらわからないような車両が。。。。
これは草軽交通の電気機関車デキ12で、大正初期から昭和37年まで軽井沢と草津温泉を結んでいた鉄道で、この電気機関車が小さな客車や貨車を引いて走っていました。

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印)   [375]

[ 2011年09月30日 23:33 ] カテゴリ:駅探訪~信越 | TB(0) | CM(0)

軽井沢駅

軽井沢の玄関口、軽井沢駅です。

東京駅から新幹線で1時間10分、あっという間に着いてしまいます。

新幹線の駅の割にはこじんまりしていますが、日本有数の避暑地の新幹線駅の改札口。ここを皇族の方々、政財界の著名人、芸能人がどんだけお通りになったことか。

新幹線が開通したため在来線は第3セクターのしなの鉄道に。碓氷峠越えの電気機関車の連結作業でどの列車も数分停車していたホームも今ではローカル線の始発駅。

山の向こうは群馬県側、ホームや線路配置がなんとなく往時を思い出されます。

駅の標高は940m。駅前で自転車を借りてこれから軽井沢めぐりに出発です。

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印)   

[ 2011年09月30日 14:28 ] カテゴリ:駅探訪~信越 | TB(0) | CM(0)

yukimi’s blog in 軽井沢

yukimi’s blog 久しぶりのちょっと遠くへお出かけシリーズ。今回は長野県軽井沢です。

東京駅から新幹線で1時間10分、夏も終わり始めていた軽井沢の様子を明日から久々に毎日UPしていきます。

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印)

[ 2011年09月30日 07:45 ] カテゴリ:お出かけ | TB(0) | CM(0)

鉄道博物館 4 

鉄道博物館内ではJR東日本管内で飲食店やお弁当の販売、車内販売などを行っている㈱日本レストランエンタプライズ(旧日本食堂)の売店やカフェテリアがあります。

メインのカフェテリアの名前は「旅のレストラン 日本食堂」。かつて食堂車で提供していたメニューがあります。その中で今回は「懐かしの食堂車のカレーライス」を。

私は食堂車は利用した経験はありませんが、美味しかったです。

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印) [395]

[ 2011年09月29日 07:26 ] カテゴリ:グルメ~埼玉、栃木 | TB(0) | CM(0)

鉄道博物館 3

鉄道博物館のお話の続き。今回は新幹線が通らない頃、L特急全盛時の上野駅をモチーフにしたコーナーです。

なつかしい木製の列車の発車時刻や行き先の表示板の列。

地平ホームから発車する特急電車の代表格、上野-仙台を結んでいたひばり号のクハ481形

車内、青いシートが懐かしいです。

冷水機。検尿に使うような紙コップで飲むんですよね。

高架ホームから発車していた特急の代表はクハ181形とき号。上野-新潟間は4時間だったでしょうか。

傍らには映画「ALWAYS 3丁目の夕日」で使用された上野駅の模型が。

駅前には映画のストーリーと同じように、青森から上京した六子が就職先の社長さんの車と勘違いしたトヨタのセドリックと、その後ろに隠れていて見えなかった鈴木オートのダイハツミゼットが嬉しい顔

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印) [317]  

[ 2011年09月28日 08:12 ] カテゴリ:お出かけ | TB(0) | CM(0)

鉄道博物館 2

さいたま市の鉄道博物館、今回は車両展示の模様を。中心の転車台のSLはC57。

日本で鉄道が開業した際、イギリスから輸入した150号蒸気機関車(1号機関車) 。鉄道記念物、国指定重要文化財です。

ガラス貼りの部屋には明治から昭和にかけて走っていた6両の御料車が保存されています。写真は明治時代に走っていた1号御料車。

昭和5年特急「冨士」の展望車として造られた客車です。展望室は桃山式と呼ばれる和風デザインです。
   

EF58形電気機関車。

昭和10年製造の3扉の通勤型車両、クモハ40形。車内の木の床、ポールが超懐かしいです。
 

20系客車。一度、急行「銀河」で乗ったことがあるかな。3段のB寝台のベット、狭かったです。

103系1000番台。かつての通勤を思い出します。早くステンレスの209系に全部替わらないかなと思っていたりしていたけど。。。

交通博物館の入口に展示してあったのが思い出される東海道新幹線0系のカットモデル。

東北・上越新幹線用200系新幹線。新潟の友人が上越新幹線開業時につぶやいた言葉が脳裏に過ぎりました。「新幹線は青じゃなきゃ。。。」

次回にまだ続きます。

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印)  [356]  

[ 2011年09月27日 07:31 ] カテゴリ:お出かけ | TB(0) | CM(0)

鉄道博物館 1

大宮駅から埼玉新都市交通ニューシャトルで1駅目で下車、埼玉県さいたま市大宮区・北区の鉄道博物館に行ってきました。

JR東日本の創立20周年事業のひとつとして、かつて東京都千代田区の万世橋にあった交通博物館に替わり平成19年(2007)にオープンしました。現在の場所はかつては非電化時代の川越線の気動車の留置場でした。

.
展示は車両は後述としてまずは模型鉄道ジオラマ。HOゲージ(在来線車両1/80、新幹線車両1/87)による約25×8mの国内最大級ジオラマです。

保有車両はおよそ600両。最大20編成の走行が可能な線路には、写真では見つらいですが左側から東北新幹線E5系「はやぶさ」、寝台特急北斗星、スーパーびゅう踊り子、JR九州787系、165系急行電車、成田エクスプレスと盛りだくさん。

.
運転シュミレータは蒸気機関車D51、山手線205系、高崎線211系、京浜東北線205系、新幹線200系が設置されています。
 

展示内容もさることながら、博物館を挟んで西側は東北、上越新幹線、東側は高崎線、川越線の線路に挟まれ多くの電車がびゅんびゅん走っています。

屋上のパノラマデッキではこれらの実物が見られる展望スペースとなっています。

また3階のビューデッキでは真横を新幹線が通過していきます。新幹線の通過時刻も表示してあるので、お目当ての車両がいつ通るか事前にチェックしておけるのが親切です。

次回は現役の車両ではなく引退した名車達のお話を。

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印) [339]

[ 2011年09月26日 08:18 ] カテゴリ:お出かけ | TB(0) | CM(0)

埼玉新都市交通大宮駅

昭和57年(1982)に東北新幹線、上越新幹線が大宮まで開業しました。その際、地域住民への見返りとして翌昭和58年に新交通システムによる埼玉新都市交通「ニューシャトル」が大宮と現さいたま市の北部の伊奈町を結ぶ路線が第3セクターにより開業しました。

その起点、ニューシャトルの大宮駅はJR大宮駅西口の北端、新幹線の高架下に改札口、ホームがあります。

起点だから車両は折り返すのかと思っていましたが、ここはループ線になっており、新幹線の東側の線路を走ってきた車両は、大宮駅手前で新幹線の降下したにもぐり、大宮駅停車後そのまま直進し、今度は新幹線の西側にある下り線を走り折り返すというループ状の線路形態になってます。
 

終点の埼玉県北足立郡伊奈町にある内宿駅までは12.7㎞、24分程度で結びます。

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印) [338] 

[ 2011年09月25日 18:03 ] カテゴリ:駅探訪~埼玉、群馬、栃木 | TB(0) | CM(0)

浅草 蛸松月のおはぎ

東京都台東区、浅草雷門前の東西に伸びるの雷門通りと南北に伸びる国際通りが交差する雷門一丁目の交差点の角にある和菓子屋さんです。

お店の名前は「蛸松月」。タコのマークがなんとも。。。という感じですが、 お店の歴史は江戸時代安政年間の末(1859年頃)までさかのぼり、現在の南千住あたりの小塚原の宿場であんころ餅の行商を創業者が始めてから。
その後、元治元年(1864)に浅草東本願寺門前に移りだんご屋を開業、安くて美味しいと評判になり、ある日、根岸の里の茶人が出来たてのおだんごがシコシコして蛸の喰べ口にそっくりだから蛸だんごという名前にするよう勧められ、以後「蛸だんご」として営業を続けてきました。
現在の場所に移ったのは明治15年(1882)、この時、屋号を蛸松月としたそうです。

お彼岸なので今回はおはぎを買うために、お墓参りに行く途中に立ち寄りました。このお店のおはぎは春、秋のお彼岸の入りから中日までの限定発売なのだそうです。

現在の定番商品は、「蛸もなか」、「蛸まんじゅう」。もちろんタコが入っていない純然たる和菓子です嬉しい顔。おはぎを食べてみてこちらも是非食べてみたくなりました。

蛸松月菓子舗 
東京都台東区雷門1-16-7
東京メトロ銀座線田原町駅、つくばエキスプレス浅草駅より徒歩5分
東京メトロ銀座線、都営地下鉄浅草線、東武伊勢崎線浅草駅より徒歩10分

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印) [364]

[ 2011年09月24日 16:59 ] カテゴリ:グルメ~都内スイーツ | TB(0) | CM(0)

松涛園

池上本門寺の大堂の奥、本堂の裏手に広がる庭園で、東京都指定旧跡です。
 

今回は年に1回の一般公開の日。普段は非公開です。なんか本門寺に因んだあるクイズに全問正解すると普段の日でも見学できるとか。
 

作庭は安土桃山時代から江戸時代初期に活躍した大名でもあり、茶人、作庭家でもあった小堀遠州の作。
 

広さは約4千坪。渓流と池を回遊する池泉回遊式庭園です。
 
 

松涛園は園内のあずまや屋で西郷隆盛と勝海舟が明治元年(1868)、江戸城明け渡しの会見をした場所でもあります。園内の斜面に西郷隆盛の弟 従道が揮毫した西郷・勝両雄会見碑があります。
 

園内の所々に石灯籠が配置されていますが、この灯篭はとにかくデカイです。
 

手前の見学客と一緒に写っている写真だと巨大さがよくわかります。
 

茶室は4棟、園内に建っています。
 

本門寺は年に数回訪れていましたが、松涛園ははじめてでした。春夏秋冬観てみたいです。

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印) [261.242]

[ 2011年09月18日 21:22 ] カテゴリ:お出かけ | TB(0) | CM(0)

池上本門寺 五重塔

区立池上会館の屋上展望台、都心方向の眺めは本門寺の深い緑のため都心方向はほとんど見えませんが、その緑から突き出るように建つ五重塔が素敵です。

高さ31.8メートル。本門寺の堂宇の中でも空襲による焼失をまぬがれた貴重な建築のひとつです。
徳川秀忠の乳母岡部局(のち正心院)が、秀忠幼少時にかかった大病平癒の祈願を本門寺第12世日惺聖人に託し、秀忠は快癒。その後、秀忠が2代将軍となった後、病気快癒のお礼および武運長久を願い、慶長12年(1607)に建立されました。

関東に4基現存する幕末以前の五重塔の中で最も古いこの塔は、全面ベンガラ(赤色塗料)塗り、建築様式は初層は和様、二重から上は禅宗様。
 
 
 

桜の季節にもう一度訪れてみたいものです。

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印)  [312]
 

[ 2011年09月14日 07:48 ] カテゴリ:百寺社巡礼~都内 | TB(0) | CM(0)

大田区立池上会館の屋上より

東京都大田区、池上本門寺の山門と石段の右手。区民のための集会所や会議室、多目的ホールなどの施設です。
 

屋上から眺めは大田区西部から神奈川県方向が一望です。
蒲田駅方向。日本工学院・東京工科大学の新しい大きなビルが目立ちます。
 

横浜、一番高いビルはみなとみらい地区のランドマークタワー。
 

空気が澄んだ晴天の日は富士山が見える方向です。
 

.
屋上は本門寺の境内に通じています。急な石段を登らなくてもお年寄りやベビーカーを押している家族も楽に大堂まで行けます。
 
 

私も本門寺を訪れるとき、お会式以外は池上会館のエレベータを使っちゃいます嬉しい顔飛び散る汗

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印)  [397]

[ 2011年09月13日 07:23 ] カテゴリ:街角 | TB(0) | CM(0)

堂島シンデレラロール

堂島ロールを今回はロール1本、お持ち帰りで。以前川崎で食べたノーマルの堂島ロールではなく今回のは堂島シンデラロール。

なんでそういうネーミングになっているかというと、箱に書いてあるキャッチコピーによると。。。

『堂島ロールが魔法にかかり、キレイなシンデレラになりました。イチゴ、オレンジ、ポワール、キウイ、バナナ。
五種類のフルーツとカスタードクリームを包み込んだ舞踏会で輝くロールケーキです。
。。。。。。』

クリームとは異なったフルーツの甘さや酸味が加わった飽きない味わいでした。

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印) [384.428]

[ 2011年09月11日 08:02 ] カテゴリ:グルメ~もろもろ | TB(0) | CM(0)

税務署、区役所に行ったあとは~ザリガニカフェ

渋谷区は渋谷区役所、税務署、都税事務所、ハローワーク、法務局が神南に集中しているので、総務、経理の仕事をしている人にはとても効率的に役所をまわれる地域ですが、これらの役所に来たついでに、ランチやティーブレイクにいいお店を、渋谷税務署や渋谷区役所の裏手に見つけました。

東急ハンズ横の坂からNHKへ抜ける道に面した古いマンションにある、なんとも目立たないカフェの名前は「ザリガニカフェ」。何か、くすぐられるネーミングです。

「ザリガニカレー」。けしてザリガニが入っているわけではありませんが、挽肉の入ったカレーにゴーダチーズが散らしてあります。

「アップルパイ アイスクリームのせ」。アイスにのせるソースはハニー、ベリー、チョコレート、キャラメル、オレンジの中から選びます。
くずれないようにまわりにリングがついてきます。

窓際の大きなテーブル席で外の緑を眺めながら。。。

あ、会社に戻らなくては汗

ザリガニカフェ 
東京都渋谷区宇田川町6-11 渋谷駅から徒歩10分
営業時間  月~土 12:00~23:30 日 12:00~23:00  不定休

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印) [403.443.337]

[ 2011年09月07日 07:18 ] カテゴリ:グルメ~都内 | TB(0) | CM(0)

北品川駅

京浜急行本線の品川駅を出て横浜方面に向かって1つめの駅です。駅舎は国道15号線(第一京浜)に面したところにあります。

ホームの北側、品川駅寄りの踏切は旧東海道、品川宿の入口になります。品川駅の南に位置するものの、もともとの品川地区の北側にあり、所在地の町名も北品川なので駅名も「北」品川。

北品川駅の開業は明治37(1904)年。当時は京浜電気鉄道品川駅として現在よりちょっと北よりに駅があり終点でした。

京急が東海道線等を超えて現在のJR品川駅の西口方面に乗り入れたのは大正14(1925)年、道路との併用軌道により現在のWing高輪の辺りにあった高輪駅まで延伸された時。このとき駅名も北品川駅に改称されました。

今では当時のターミナルの姿は見ることない、普通しか停車しない静かな駅です。

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印) [458.414]
 

[ 2011年09月05日 07:34 ] カテゴリ:駅探訪~東京23区 | TB(0) | CM(0)

八ッ山橋界隈

品川駅の南側、旧京浜国道や国道15線(第一京浜)がJR山手線、京浜東北線、東海道線、横須賀線を跨ぐ八ッ山橋。
線路の向こうの海側は随分高層ビルが建ちました。

東海道新幹線はトンネルの中です。

江戸時代は江戸郊外、海の見える景勝地として浮世絵にも登場、現在はこの様な眺めに。東京タワーが手前のビルに隠れてしまいました。

南側の眺め。箱根駅伝の1区、10区の中でもキツいアップダウンがあるのは六郷橋とこの八ッ山橋付近。

長い石垣の内側は三菱財閥の旧岩崎邸、現在は三菱の迎賓施設、開東閣。

京急のトリ鉄でも有名な品川プリンスホテルをバックにしたアングル。八ッ山橋は昭和60年の架け替え。京急の八ッ山鉄橋は昭和初期に架けられたもの。

第一京浜の渋滞を避けるために架けられた新八ッ山橋は昭和38年(1963)築。

道路の脇には滑り止め用の砂が。
 

ゴジラの上陸地点でもあります。

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印) [379.339]

[ 2011年09月03日 11:24 ] カテゴリ:街角 | TB(0) | CM(0)

カフェ ダール @原美術館

原美術館にあるミュージアムカフェで一休み。

美術館の中庭に面したカフェからは庭の緑が眩しいです。

展覧会毎にその会期中だけの限定メニューとして、展覧会のイメージにあわせて作られたケーキがあります。今回ははブラッドオレンジのムースの上に、ミンウォンが演じる映画に登場するおじさんをイメージしたクッキーがのっています。

これからも、展覧会が始まるたびに訪れたくなります。

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印) [320]

[ 2011年09月01日 07:12 ] カテゴリ:グルメ~都内スイーツ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

yukimi

Author:yukimi
yukimis blog

カウンター
08/3/20~:
13/2/24~:
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ(全件)
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム