FC2ブログ

yukimis blog

雪見のブログ
yukimis blog TOP  >  2009年05月

鎌倉 イワタコーヒー店のホットケーキ

鎌倉駅前から小町通りを入ってすぐの所にある昭和23年創業のイワタコーヒー店です。川端康成や大佛次郎が通い、ジョン・レノン、オノ・ヨーコ夫妻も訪れたことでも有名な喫茶店です。
 

メニューの中で有名なのはホットケーキ。普通、焼くのに2、30分くらいかかるそうで、お店に入るとまず、
「本日はホットケーキの注文はありますか?」と聞かれます。ハイと言うと。。。。
「焼くのに30分程度かかりますがお待ちになりますか?」と確認してきます。混雑していると60分以上かかることもあります。だから満席で並ぶ場合も事前にホットケーキの注文だけは聞いて、先に焼き始めるそうです。
やっとの思いで出てきたホットケーキは厚さ3センチくらいのものが2段重ね。表面はかたく、中はふっくらです。バターとハチミツをたっぷりかけていただきました。

お二人で1つを頼んでシェアしたほうがいいですよ。

イワタ珈琲店 鎌倉市小町1-5-7 横須賀線鎌倉駅東口徒歩1分
営業時間 10:00~17:30  火曜日・第2水曜日定休

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印)

[ 2009年05月06日 07:05 ] カテゴリ:グルメ~神奈川、伊豆 | TB(0) | CM(2)

工場探訪 in 安中

私が今回、群馬県安中を訪ねた理由はこれです。

Bassmanさんのブログ、 「From Basshead For」 を読んでいてある雑誌に巡り会えました。

 

「ワンダーJAPAN」。廃墟、珍スポット、巨大建造物、珍建築、工場、ダム等、「興味は有るが、関わり方がわからない」又「気になっているのだが、近寄りがたい」というような好奇心を探求する、日本の《異空間》探検マガジンです。
で、4月に発売された巨大工場総特集号。最近は巨大で複雑な工場プラントの「究極な機能美」に「工場萌え」な人が増えているそうです。
定価1200円ですが、128ページ・フルカラーで見ごたえ、読みごたえがあり、「お値段以上」の立派な雑誌ですよ。


そこでまだ新幹線も出来ず、長野まで特急あさま号で行った頃、田園風景の車窓が、安中駅を通過するたびに山腹に広がる威容にいつもビックリしていたことを思い出し、自分なりに撮って見たくなりました。

東邦亜鉛株式会社安中精錬所、JRの線路も工場内につながっています。

安中精錬所が操業を開始したのは昭和12年(1937)、国内有数の亜鉛精錬所だそうです。では、「究極の機能美」をご覧下さい。
 
 
 
 
 
  
 

ワンダーJAPANに載っている工場の写真はもっと迫力がありますよ。

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印) [483]

[ 2009年05月05日 07:31 ] カテゴリ:工場探訪 | TB(0) | CM(3)

信越本線 安中駅

群馬県安中市、信越本線安中駅です。駅舎は小さいですが駅前ロータリーはきれいに整備されていました。
 

かつては軽井沢、長野への動脈でしたが長野新幹線の開業により横川・軽井沢間の電気機関車との協調運転区間が廃止となり、信越本線という名は残ったものの高崎から横川までのローカル線となってしまいました。
 

最近では珍しい湘南色です。
 

駅のとなりに東邦亜鉛の工場があるので亜鉛焼鉱・亜鉛精鉱の貨車輸送のための引込み線があります。亜鉛精鉱を積める東邦亜鉛所有の貨車が1両だけ留置されていました。

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印)
 

[ 2009年05月05日 07:03 ] カテゴリ:駅探訪~埼玉、群馬、栃木 | TB(0) | CM(0)

Volendam

東京港晴海埠頭に来航した豪華客船シリーズ第二段。今回はVolendam(フォーレンダム)です。
 

総トン数は6万トンを越え、全長237.9メートル、 全幅32.2メートルです。
運航会社はシアトルに本拠を置くホーランド・アメリカライン。船名のVolendam(フォーレンダム)とはオランダ西部にある漁村の名前です。ホーランド・アメリカラインの船は全て〇〇ダムという名前が付けられています。

 

今日はクルーズが始まって3日目。自分の部屋でのんびりする人、都内見学に行く人様々ですが、みなさん船旅を楽しんでいるという感じでした。

今回は18泊クルーズの途中で神戸を出発し、最初の寄港地、東京港に今朝入港しました。今晩のうちに函館に向けて出航し、小樽、青森を経由後、アラスカの各地に寄港しバンクーバーまでのクルーズだそうです。

ホーランド・アメリカライン フォーレンダム  ホームページ http://www.hollandamerica.com/cruise-vacation-onboard/Volendam

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印)

[ 2009年05月04日 21:54 ] カテゴリ:乗り物~船 | TB(0) | CM(0)

篠ノ井線 姥捨駅

長野県千曲市、JR篠ノ井線姨捨(おばすて)駅です。

開業は篠ノ井線が開通したのと同時期の明治33年(1900)、今の駅舎は昭和2年(1927)築の木造です。券売機も無い無人駅です。

長野寄の隣駅稲荷山駅の標高は358メートル、姨捨駅は551メートル、松本寄の隣駅冠着駅は676メートル。3駅間の距離14.6キロの間で300メートル以上昇り、下りしています。そのため姨捨駅は急勾配の途中に駅があるので、本線からスイッチバックで平地あるにホームに進入します。

手前が姨捨駅、左から右に斜めに通ってる単線の線路が篠ノ井線の本線です。左奥が長野方面から坂を上がってきた電車が姨捨駅に進入するための引き込み線です。特急しなの号が松本に向けて本線を上がっていきました。

日本三大車窓に選ばれている千曲川を中心とした善光寺平の風景。

しなの鉄道戸倉駅付近の風景。長野新幹線は街の背後の山をトンネルで抜けていきます。

北アルプスの山は雪が残っていました。

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印)

[ 2009年05月04日 07:16 ] カテゴリ:駅探訪~信越 | TB(0) | CM(1)

高島礼子は。。。

昨年、長野市内で大騒ぎの中で行われた北京オリンピックの聖火リレーのテレビ中継を観てからずっと気になっていた、やたらと市内にあるデカい高島礼子の看板。

「高島礼子はアールエフ」、この思わせぶりなキャッチコピーの正体は、長野市に本社のある株式会社アールエフの広告。
主な事業内容は医療・工業用X線センサー、工業用内視鏡、歯科口腔内カメラ、放送・業務用CCDカメラの開発・製造・販売、カプセル内視鏡等の開発等です。

会社創業は平成5年(1993)、現社長夫婦がワンルームマンションの一室で始めました。その後急成長し、いまやデジタルⅩ線センサーでは国内シェアトップ。

タクシーにも。ラッピングバスも走っているそうです。

この様に街中で宣伝をうつ必要はあまり無いような企業なのでビックリしました。しかし現在長野県庁の前に17階建の新社屋を建設中、長野市内でも有数の元気な企業です。
株式会社アールエフ HP

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印)

[ 2009年05月03日 20:58 ] カテゴリ:街角 | TB(0) | CM(0)

ソフトクリームカフェ Glassano

長野駅から見て、東急百貨店の左側の道を行くとあるソフトクリームカフェです。

平成19年9月に開店したこのお店は、ソフトクリームにリキュールを添えて食べる大人のスイーツを提案。未成年者にはもちろんリキュールを使わないメニューがあります。

写真は クラシカル ラムレーズン。 ソフトクリームにラムレーズンが入っています。
このお店で人気のラムレーズンは、カリフォルニアの上質なブドウから生まれたプレミアムレーズンを、ラム酒とブランデーに漬け込んだもの。漬け込んでパンパンに膨らんだレーズンを噛むと、口の中でレーズンがプチッとはじけ、お酒とソフトクリームをあわせて食べている感じです。

こういうコンセプトのお店、東京でも身近にあるといいなぁ。

Glassano (グラッサーノ )(HP)  長野市南千歳1-3-9  長野駅から徒歩5分
営業時間 月~木曜日 12:00~2100   金・土曜日、祝日前日 12:00~23:00  不定休

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印)

[ 2009年05月03日 13:16 ] カテゴリ:グルメ~群馬、長野 | TB(0) | CM(0)

善光寺門前 夢屋

長野駅から善光寺に向かうバスに乗って終点、善光寺大門バス停のまん前の甘味屋さんです。土蔵ちっくなお店が目印です。

レトロっぽい店内で食べたのは、長野なんで杏クリームあんみつ。

善光寺参拝を終えて長野駅方面に戻る前の休憩にはちょうどいいお店です。

夢屋  長野市大門町79   善光寺大門バス停前
営業時間 10:00~18:00(夏季は18:30) 無休

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印)

[ 2009年05月03日 07:01 ] カテゴリ:グルメ~群馬、長野 | TB(0) | CM(0)

長野 南千歳町交差点 Chez Masa(シェ マサ)

御開帳の話の次は長野市内の美味しいお話。
長野駅前、ながの東急百貨店の右側の長野大通りを進み、200メートル先の南千歳町交差点の角にある建物の2階です。折り鶴の看板が目印です。

オーナーシェフの鶴田正宏さんは長野調理製菓専門学校で講師をされていました。さて、せっかくですから魚料理、肉料理両方でてくるコースを注文。

まずは子羊とフォアグラのテリーヌ。

新ジャガとベーコンのポタージュスープ

お魚料理は佐渡の磯メバル、サフランソース添え。長野市まで来るとお魚は日本海産なんですね。

ブラウンビールで煮込んだ信州牛のネック(首の部分のお肉)。とても柔らかかったです。左の粒はレンズ豆。

デザートはヌガーグラッセ。手前はイチゴの上に溶かした砂糖を振ってあります。砂糖が五線譜、イチゴとミントの葉が音符みたいです。

長野に行った時は地元の人を招待したいお店です。

RESTAURANT Chez Masa
長野市南千歳2-7-12 ウィンベル大通り館2階
12:00~14:00(LO)、18:00~20:30(LO) 水曜日定休


よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印)

[ 2009年05月02日 06:27 ] カテゴリ:グルメ~群馬、長野 | TB(0) | CM(0)

善光寺 前立本尊御開帳

長野の善光寺、御開帳に行ってきました。白雉5年(654)以来の秘仏で善光寺の住職でも誰もお姿を見たことがない御本尊様と同じ姿の「前立本尊」を本堂に遷して公開するという儀式です。
現在は干支で丑年と未年の年に行われます。

平日でありながら参道は多くの参拝客で賑わっていました。前回の平成15年(2003)に行われた御開帳の人出は628万人。今年は前回を上回るペースだそうです。

ちょうど「お数珠頂戴」を受ける列に偶然あたりました。善光寺の御住職が本堂での法要に出向く行き返りに持っている数珠で参拝者の頭を撫でて功徳を授けてくれる有難~い儀式です。私も列に加わり撫でてもらいました。

本堂前に建っている大きな回向柱には紐が結ばれ、本堂内の前立本尊様の指と結ばれています。皆さん柱に手をあて、お慈悲を受けていました。

本堂内は撮影禁止ですのでコメントだけでが、前立御本尊様は浄財箱の前から十分、お姿を拝めます。更に500円払うと内陣に入れて、より間近で拝観しました。光背が輝き端正なお姿はなんとも言えないこうごうしさでした。
また普段の年は1月7日~15日のみに行われる儀式「御印文頂戴」も御開帳期間中は行われます。これは、御本尊様のご分身である宝印「御印文」を、僧侶が参詣者の頭に押し当てる儀式です。体に押すと極楽往生が約束されるといわれています。これも有難く受けてまいりました。

参拝も終わったので、長野の街に出てみますか。善光寺事務局監修の下の2冊が善光寺、御開帳のことについて詳しく且つ読みやすく書かれていると思います。文庫本サイズでお手頃です。私は山門をくぐって右側にあるお寺の売店で買いました。

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印)

[ 2009年05月01日 07:12 ] カテゴリ:百寺社巡礼~長野 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

yukimi

Author:yukimi
yukimis blog

カウンター
08/3/20~:
13/2/24~:
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ(全件)
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム