FC2ブログ

yukimis blog

雪見のブログ
yukimis blog TOP  >  2009年04月

文京区関口その1 水神社

毎年、桜をどこで見るか迷ってしまいますが、今年はとある街を重点的に取り上げてみました。ひとつ目は東京都文京区関口。関口という地名はここに神田上水取水口の大洗「堰」があったことからだそうです。ちょうど写真のフォーシーズンズホテルの下の大滝橋付近にあったそうです。昨日の西早稲田近辺から桜の遊歩道を5・600メートルくらい下流に進んだあたりです。

水神社 (都電荒川線早稲田駅徒歩4分)
〈御祭神〉速秋津彦命、速秋津姫命、応神天皇

神田川、駒塚橋の前の斜面に昔ながらの風情を感じさせる素朴な社があります。

創建不詳ですが「江戸妙子」には「上水明けてより関口水門の守護神なり。」とあります。水神様が八幡宮社司の夢枕に立ち「我水伯(水神)なり、我をこの池に祀らば堰の守護神となり、村民を始め、江戸町ことごとく安泰なり。」と告げたので、この地に水神様を祭ったそうです。

石段の左右の大銀杏はかつては しめ縄を をかけて鳥居代わりにしたのでしょう。社もごくごく素朴です。

神社の横は胸突坂。目白通りから旧田中光顕邸の蕉雨園と旧細川家下屋敷跡の永青文庫の間を神田川の駒塚橋に下る急坂です。坂が険しく、自分の胸を突くようにしなければ上れないことから、 江戸の人々が名付けました。 

確かにきつい坂でした汗

是非クリックしていって下さい⇒ 人気ブログランキングへ

[ 2009年04月07日 07:35 ] カテゴリ:百寺社巡礼~都内 | TB(0) | CM(1)

神田川 西早稲田3丁目

今回は神田川の桜です。地名だと東京都新宿区西早稲田3丁目、明治通りから下流に向けてのところです。
橋の上からの光景。目黒川のように立派な桜が川面に下がるかたちで枝を伸ばしていました。

 
 

この地域は都電が神田川と最も接近する場所です。神田川に架かる明治通りの高戸橋横の鉄橋です。
 

先にある新目白通りに進入するため青信号になるのを待っている電車。桜をお客さんに見せるため鉄橋の上で停まっていました。
 

三島橋前の光景。

最寄り駅は都電学習院下駅、面影橋駅、早稲田駅が近いです。
是非クリックしていって下さい⇒ 人気ブログランキングへ

[ 2009年04月06日 07:45 ] カテゴリ:季節~春 | TB(0) | CM(2)

小石川後楽園

東京都文京区、東京ドーム横の緑の一角。ここだけ周囲の喧騒がウソのように静かな庭園です。

庭園が出来たのは寛永6年(1629)、水戸徳川家のお屋敷として造られました。四季を通じて様々な花が咲きます。


多くの野鳥も羽を休めていました。

回遊式の庭園の中は緑が鬱蒼し、渓流のように川が流れている場所も。

丹下健三は東京ドームホテルを設計した際、小石川後楽園からの景観に配慮し、この様な建物の配置および薄い形状で設計したそうです。

訪れたのは4月2日、ソメイヨシノは今が見頃でしょうね。

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印)

[ 2009年04月05日 06:55 ] カテゴリ:季節~春 | TB(0) | CM(0)

館山 那古寺

今年は7年に1度の長野 善光寺の御開帳の年ですが、こちらは12年に1度の御開帳です。

補陀洛山 那古寺(JR内房線那古船形駅徒歩10分、館山駅より館山日東バス小浜・なむや行 那古バス停下車徒歩2分)

真言宗智山派の寺院で、養老元年(717)に、元正天皇の病気平癒のため、行基が那古の浦の海中より香木を得て千手観音像を刻み祈念したところ、直ちに効果があり、元正天皇の勅願によって伽藍が建てられました。今年は12年に一度の御本尊千手観音像御開帳の年にあたります。

石段をあがると仁王門です。

かつては山上にありましたが、元禄16年(1703)の大地震で倒壊し現在の山の中腹に再建されました。
多宝塔は宝暦11年(1761)築、地元の大工さんの施工によるものです。その隣は平安時代後期の阿弥陀如来坐像を祀る阿弥陀堂です。

鐘は1回100円の志納で自由に撞けます。

観音堂は享保年間に建てられ、昨年、大改修を終えました。このお堂の中で千手観音像を拝見しました。

観音堂からは館山の穏やかな海が眺められます。

坂東三十三札所の第33番札所でもあるため、お遍路さんの装束を来た人が大勢参拝に来ていました。南房総だからとっくに桜も満開かと思ったら、都内より咲いていませんでしたバッド(下向き矢印)。御開帳は4月10日まで、来週でも楽しめそうです。
クリックして下さい⇒ 

[ 2009年04月04日 06:56 ] カテゴリ:百寺社巡礼~千葉、茨城 | TB(0) | CM(2)

プリンスホテルの桜スイーツ

高輪のプリンス系3ホテルではまだまだ八重桜が楽しめる4月12日まで「桜まつり2009」と称して桜をイメージしたスペシャルメニューを用意。
ランチ、ディナー、スイーツと盛りだくさん。今回はグランドプリンスホテル高輪のラウンジ光明でスイーツをいただきました。

食べたのは「さくら坂ロールケーキ」 。桜風味のチーズクリームに大納言をあわせてにロールケーキにしてあります。

室内から、風や花粉も気にせず桜を愛でられます。

クリックして下さい⇒食べログ グルメブログランキング

[ 2009年04月03日 08:14 ] カテゴリ:グルメ~都内スイーツ | TB(0) | CM(0)

高輪 プリンスホテル界隈

高輪のグランドプリンスホテル高輪、グランドプリンスホテル新高輪、ザ・プリンスさくらタワー東京 敷地内の日本庭園を散策しました。

品川駅側第一京浜からグランドプリンスホテル高輪、ザ・プリンスさくらタワーの正面玄関に向かう さくら坂 の光景。


日本庭園の光景です。庭園には19種、232本の様々な桜があり、長い季節楽しめるそうです。

そもそもこの高輪のプリンスホテルの広大な敷地はグランドプリンスホテル高輪が竹田宮邸、グランドプリンスホテル新高輪が北白川宮邸で、あわせて隣の京浜急行のホテルパシフィックは東久邇宮邸と宮家の御用邸があった地域でした。


戦後、これらの宮家はGHQにより皇室離脱し、民間人になり、困窮した生活のため土地を売り払いました。それを安く買い占めたのが、西武グループの創始者 堤康次郎でした。堤康次郎は東久邇宮邸を京浜急行に買収されたのを非常にくやしがったそうです。

ちなみにグランドプリンスホテル赤坂は李王家邸、旧横浜プリンスホテルは東伏見宮邸、軽井沢の旧千ヶ滝プリンスホテルは朝香宮別邸を買収したものです。もともと戦後すぐに安く買った土地に今になって大型のホテルを建てても、土地の費用はわずかなので稼働率が多少低くてもペイ出来るという計算だったそうです。

撮影は4月2日、写真の通りソメイヨシノはまだ7分咲きで見栄えはイマイチでしたが、満開の様子はよろしければご自身で見てきてください。

クリックして下さい⇒

[ 2009年04月03日 00:27 ] カテゴリ:季節~春 | TB(0) | CM(0)

久しぶりに上総湊 さとみ寿司

久しぶりに千葉県富津市、上総湊のさとみ寿司に行きました。

いつもの通り「房総ずし」ランチを注文。ブログに載せる事を言ったら、手際よく全部並べて出してくれました。

写真は2人前なので2カンずつ並んでますが、1人前1カンずつですからね。玉子のほか左からマダコ、アオリイカ、イシダイ、クロダイ、金目鯛、カンパチ、ヒラメと地の鮮魚を使っていまです。これで1人前900円×2はいつも驚きです。

今回は「穴子すし」ランチも注文。タレのついた炙ったアナゴも美味しいです。こちらの写真は1人前、これで800円です。

お椀はアラのと生ノリの2種類をいただきました。

昨日、紹介した高速バス「房総なのはな号」を使うと上総湊駅前バス停下車、降りた場所の斜め左目の前にお店があります。

そして値下げされた高速道路を使ってドライブする人への道順のご説明。
館山自動車道富津中央インターを降り、国道127号線につきあたると左折、3キロ程走ると左手にセブンイレブンがあるのが目印です。是非、南房総ドライブの途中に寄ってみてください。値段も驚きですが、味も最高です。

さとみ寿司(HP)  千葉県富津市湊832 火曜日定休

クリックして下さい⇒食べログ グルメブログランキング

[ 2009年04月02日 07:35 ] カテゴリ:グルメ~千葉、茨城 | TB(0) | CM(0)

六義園

東京都文京区本駒込の六義園を訪れました。

六義園は徳川綱吉側近の寵臣、柳沢吉保が元禄15年(1702)に築園した回遊式の大名庭園です。明治時代には三菱創業者 岩崎彌太郎の別邸となり、その後昭和13年(1938)に東京市に寄付されました。



この季節、園内でも有名なのが庭園入口に植わっている枝垂桜の大木。先月末まではライトアップして夜間公開もされていました。

ソメイヨシノはまだかなぁ。

クリックして下さい⇒

[ 2009年04月01日 07:13 ] カテゴリ:季節~春 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

yukimi

Author:yukimi
yukimis blog

カウンター
08/3/20~:
13/2/24~:
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ(全件)
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム