FC2ブログ

yukimis blog

雪見のブログ
yukimis blog TOP  >  2008年05月07日
月別アーカイブ  [ 2008年05月 ] 

むさしにった

新田神社 (東急多摩川線武蔵新田駅徒歩5分)
〈御祭神〉新田義興公

東急多摩川線武蔵新田(むさしにった)駅から商店街を歩いていくと、右にお社が広がります。
御祭神である新田義興公は新田義貞の第二子で幼名を徳寿丸といい、元服の折に後醍醐天皇より「義貞の家を興すべき人なり」として「義興」という名を賜りました。
その後足利尊氏が謀反をおこし、新田義貞亡き後、義興は一族を率いて南朝の恢復に尽力をされましたが、足利基氏の執事である畠山国清、江戸遠江守らの謀略により、1358年、多摩川矢口の渡で壮絶な最後を遂げられました。
その後新田義興の怨霊が現れ悪計に加担した者に祟りを及ぼしたり、夜になると火の玉が矢口付近に現れて往来の人々を悩ましていました。そこで義興公の御霊を鎮めるために、義興公の墳墓の前に社殿が建てられ、新田大明神として広く崇められました。

江戸時代になると徳川家の祖先が新田家の出であると称したことから、徳川家をはじめ多くの武家たちの信仰を集めました。「新田大明神縁起絵二巻」も松平家から寄進されており、コピーがが神社の入り口に飾ってあります。写真は新田義興公がが怨霊として現れる場面です。

平賀源内(福内鬼外)作の歌舞伎「神霊矢口渡」はこの新田義興への謀略にまつわる話に基づいた作品です。ちょうど今年の6月にその一部が国立劇場で演じられます。  国立劇場HP

境内には樹齢700年の御神木のケヤキの木があります。御神木は過去に雷や戦災に会い、真二つの状態になってしまいましたが、新緑の季節になると青々と葉を付けます。また木の上部には、とても珍しい「宿(やど)り木」が寄生しており、早春には淡黄色の小花が咲きます。
尚、この御神木に触れると『健康長寿』『病気平癒』のご利益が授かるという言い伝えがあります。私も両手で触れてパワーを頂きました。
  新田神社HP

平成20年はちょうど鎮座650年になり、10月には650年大祭が行われます。

という事で東急多摩川線武蔵新田「むさしにった」の駅名はこの新田神社に由来しています。だから「むさししんでん」ではありません(笑)。
そういえばフジテレビのドラマ「ハチミツとクローバー」のロケにも使われましたね。

[ 2008年05月07日 06:34 ] カテゴリ:百寺社巡礼~都内 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

yukimi

Author:yukimi
yukimis blog

カウンター
08/3/20~:
13/2/24~:
カレンダー
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ(全件)
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム