FC2ブログ

yukimis blog

雪見のブログ
yukimis blog TOP  >  2008年03月30日

頑張れ、桜

せっかく満開になった桜ですが、あいにくの休日でした。
写真は田園調布駅です。
このあたりは隣の多摩川駅にかけて、桜の多い所でもあります。個人の邸宅の庭先、線路沿い、公園など。
復元された旧駅舎の横の桜も満開でしたが、今度の土日まで散らずに長持ちしますように。


[ 2008年03月30日 20:24 ] カテゴリ:季節~春 | TB(0) | CM(0)

厄祓い

寒川神社(相模線宮山駅徒歩5分)
〈御祭神〉 寒川比古命、寒川比女命

実は私、今年は本厄なんです。どこの神社仏閣で厄払いをしようかと思案していたところ、友人から薦められたので出かけてみました。
最寄り駅は寒川駅ではなく隣の宮山駅なんですよね、電車の車内アナウンスでも何度も車掌さんが言っていました。結構、間違える人が多いんでしょう。

雄略天皇(456~479年)の御代に奉幣、神亀4年(727年)に社殿建立と伝える記録があるほどの古い歴史があります。相模国一之宮と称され、古くより関八州の守り神として、また江戸の正裏鬼門をお護りするお社として、全国唯一の方位除・八方除の守護神として信仰されています。

境内には厄除け、お宮参り、交通安全、商売繁盛等の多くの祈願者で賑わい、客殿には祈祷を受け付けるため行列が出来ていました。祈祷までの時間、控え室で待つのですが、平成4年に竣工した客殿内の控え室は写真の通りキレイで、座席も多くお茶やお菓子も用意してあり快適でした。
祈祷は拝殿にて100人程度ずつまとめて行いますが、神職の方が二人で同時に早口で、祈願者の住所、氏名、祈願の内容を読み上げていきます。二人同時に読み上げていくので自分の名前いつ読み上げられたかわかりませんでした。最後に玉串奉奠を行い、授与品を受け取ります。

お祓いが終わったら神社入り口の参集殿でお食事して終了。特に仲見世的な商店街がないので神社周辺で落ち着いてお食事出来るのはここぐらいです。来年、後厄の祈祷に訪れるまで、無時に暮らしていけますように。   寒川神社HP

[ 2008年03月30日 19:04 ] カテゴリ:百寺社巡礼~神奈川、伊豆 | TB(0) | CM(0)

金王八幡宮

金王八幡宮 (渋谷駅東口徒歩5分)
〈御祭神 誉田別命〉

寛治六年(1092年)渋谷家の祖、河崎基家によって渋谷城内に創建され、その子重家の時、渋谷の姓を賜り、これが渋谷の地名の起こりと言われております。重家の子、金王丸は源義朝・頼朝に仕え武勇に勝っていました。

社殿と神門は、三代将軍家光の傅役だった青山忠俊と乳母の春日局が寄進したものであり、慶長17年(1612年)に2人が竹千代(のちの家光)の将軍相続を同社に祈願し、大願成就のお礼に壮麗な社殿を建てたといわれています。江戸初期の建築様式を残すものとして渋谷区の文化財になっています。

社殿の右横にある桜は「金王桜」と呼ばれ、長州緋桜とみられ、一重と八重が一枝に混在して咲く珍しい桜として、江戸時代には郊外三銘木のひとつと数えられてい ました。初代の桜は、源頼朝が父義朝に仕えた渋谷金王丸をしのび、鎌倉亀ケ谷の桜を移植したという伝説もあります。
希少価値をもつ桜のため、代々実生によって純系種が植え継がれています。

六本木通り、明治通り、そして並木橋や代官山に通じる八幡坂にちょうど三角に囲まれた地域の中に鎮座しています。天気のよい日はよく石段で猫が日向ぼっこして気持ちよく寝ています。

[ 2008年03月30日 07:22 ] カテゴリ:百寺社巡礼~都内 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

yukimi

Author:yukimi
yukimis blog

カウンター
08/3/20~:
13/2/24~:
カレンダー
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ(全件)
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム