yukimis blog

それが、yukimiクオリティ。
yukimis blog TOP  >  百寺社巡礼~関西

神泉苑

二条城の南、押小路通りと御池通りに挟まれた地域にある庭園です。
一帯は神泉苑といわれ、桓武天皇が平安京造営時に大内裏の東南の沼沢を開いて作った苑地だったそうです。現在は南北100m弱の大きさですが、かつては南北500m、東西240mくらいの大庭園だったそうです。

京都三大祭のひとつ祇園祭は、貞観11年(869)疫病が流行ったときに66本の鉾を作り、神泉苑に集まり行列したのが始まりといわれています。また寿永元年(1182)に雨乞いの神事を行なった際に源義経と静御前が始めて出会ったところでもあります。

善女龍王社が鎮座している出島に架かる橋は法成橋。まじめな願いを一つして橋を渡り、善女龍王社にお願いをすると願いが叶うと言われています。

別に夜に行かなくてもいいのですが、夜にきた理由は次回に。平安京往時を偲ぶ史蹟、あまり注目はされていませんが清らかな泉湧くパワースポット、今度は明るい日に寄りますね。

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印) [489]

[ 2010年01月19日 07:37 ] カテゴリ:百寺社巡礼~関西 | TB(0) | CM(0)

青蓮院門跡

青蓮院 (京都市営地下鉄東西線東山駅徒歩5分)

京都市東山区、知恩院の北隣にある天台宗門跡寺院の青蓮院で行なわれた夜間特別ライトアップの様子です。
 

門跡寺院とは皇室や摂関家の子弟が入寺する寺院のことで、青蓮院も多くの天皇の皇子や伏見宮家などの皇族の男子で出家後に親王宣下を受けたかたが門主(住職)を務め、高い格式を誇ってきました。

起源は比叡山東塔の南谷にあった小寺院の青蓮坊で、門跡寺院となって山下に移ったのは平安時代末期の頃で、当初は現在地のやや北西の三条白川にありましたが、河川の氾濫を避け鎌倉時代に高台の現在地へ移りました。

境内の庭園は室町時代の相阿弥作と伝えられる築山泉水庭や江戸時代の小堀遠州作と伝える霧島の庭などがあります。

ライトアップは春と秋に行なわれ、私が訪れた時は日本三不動画の一つ、国宝「青不動明王二童子像」の御開帳が行なわれていました。院内での御開帳は創建以来今回が初めてなのだそうです。
 
 

夜空を照らす月に、宇宙を表現したようなお庭のライトアップが幻想的でした。
  

青蓮院門跡 (HP) 京都市東山区粟田口三条坊町
 

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印) [491][469]

[ 2010年01月17日 09:00 ] カテゴリ:百寺社巡礼~関西 | TB(0) | CM(0)

御髪神社

御髪神社 (京福嵐山線嵐山駅徒歩8分)
〈御祭神〉藤原采女亮政之

トロッコ嵐山駅よりすぐ。天龍寺北口からは竹林の小道を抜け、大河内山荘の麓にあるのが小倉池、山村美紗の小説にも出てきます。
 

その小倉池のほとりに御髪(みかみ)神社という小さな神社が。
御祭神の藤原采女亮政之公は、父、藤原基晴が亀山天皇の御代(1259~1274年)に、宮中の宝物係として仕えていたものの宝刀を紛失した責任をとり、 諸国行脚し文永5年に下関に居を構得た時、生計のために髪結職を始めました。

 

これがが髪結業の始祖とされ、 御髪神社は理容・美容等の髪や化粧にたずさわる業の始祖を祭神する、日本で唯一の神社だそうで、美容師、理容師さんの他、育毛やかつらのCMで有名な企業からの崇拝もあります。

別に髪の毛が増えるわけではないみたいです嬉しい顔

御髪神社 Kiyomizu-dera
京都市右京区嵯峨小倉山
 

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印) [450]

[ 2010年01月15日 07:30 ] カテゴリ:百寺社巡礼~関西 | TB(0) | CM(0)

秋も来ました永観堂

緑の季節に訪れましたが、また来てしまいました。2009.7.9 初夏のもみじも永観堂

仁寿3年(853)の創建当時から紅葉で有名な永観堂。「秋はもみじの永観堂」と言われていますね。




もう1、2週間早かったら、もっと見事な光景だったかな。

永観堂 (HP) Eikando, Kyoto
京都市左京区永観堂町48
 

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印) [566]

[ 2010年01月09日 07:24 ] カテゴリ:百寺社巡礼~関西 | TB(0) | CM(0)

清水寺

音羽山 清水寺

清水寺の由緒は平安京遷都より前の宝亀9年(778)。大和子嶋寺の賢心という僧侶が夢のお告げにより清泉を尋ねて音羽の滝のあるこの地にたどり着き、観音像を彫りました。更に宝亀11年(780)には坂上田村麻呂公が音羽の滝の清水に導かれ、滝上に止宿・練行中の賢心に遭い、仮仏殿を造立して十一面千手観世音菩薩を安置し、創建したことに依ります。

その後二人は力を合わせ伽藍を造り替え、弘仁元年(1810)に「清水寺」の額を掲げました。これが寺名を由来する現在の音羽の滝です。

「清水の舞台」とも呼ばれる本堂は徳川家光の寄進により寛永10年(1633)に再建されたものです。屋根は寄棟造の檜皮葺き。

舞台を支えている139本はあるという長大な柱は釘は使われていません。

私が清水寺を訪れたのは今回で5回目くらい。生きてる間にあと何回来るのかなあ。

清水寺 (HP) Kiyomizu-dera
京都市東山区清水1-294
 

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印) [560]

[ 2010年01月08日 07:20 ] カテゴリ:百寺社巡礼~関西 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

yukimi

Author:yukimi
yukimis blog

カウンター
08/3/20~:
13/2/24~:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ(全件)
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム