yukimis blog

それが、yukimiクオリティ。ほとんど、ソロ活。
yukimis blog TOP  >  百寺社巡礼~千葉、茨城

香取神宮~道を見据えるための地

鹿島神宮に比べて公共交通機関を利用する場合、お世辞にも便利とは言いがたい場所にある香取神宮ですが、かなり賑わっていました。
こちらも江原啓之さんの著書『今、行くべき聖地』でも道を見据えるための地として推奨いていました。
 

拝殿正面での参拝には行列が出来ていました。
 

香取神宮にもある要石。本当の大きさはどれくらいなんでしょう。
 

前回、ご紹介出来なかった香取神宮の奥宮です。参道入口の駐車場から横道に入って急坂を上ったところ、旧参道の近く、大木に守られるように静かに鎮座されています。
 

香取神宮の御祭神である経津主大神の荒御魂をお祀りしており、現在の社殿は、昭和四十八年伊勢神宮の式年遷宮の折の古材に依るものです。
 

写真からでも何かを感じていただければ幸いです。

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印)  [459][492] 

[ 2010年01月29日 07:34 ] カテゴリ:百寺社巡礼~千葉、茨城 | TB(0) | CM(0)

鹿島神宮~要となる決意を支える地

再び茨城県鹿嶋市、鹿島神宮を訪れました。最近、江原啓之さんが先月出された著書『今、行くべき聖地』でも要となる決意を支える地として推奨いていました。

境内には神秘な場所が多々あります。本宮奥の御手洗池。潔斎に使われた池で、干ばつでも枯れることもなかったそうです。この池の水源の湧水は霊水としてみなさんペットボトルやポリタンクに汲んでいました。 

そして森の置くにひっそりと要石が鎮座しています。地震を起こすナマズを抑えている言われています。

江原さん曰く、揺れ動く自らのの心の中に要石を置きなさい、ということなんだそうです。

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印) [449][436][462]

[ 2010年01月26日 00:13 ] カテゴリ:百寺社巡礼~千葉、茨城 | TB(0) | CM(0)

館山 那古寺

今年は7年に1度の長野 善光寺の御開帳の年ですが、こちらは12年に1度の御開帳です。

補陀洛山 那古寺(JR内房線那古船形駅徒歩10分、館山駅より館山日東バス小浜・なむや行 那古バス停下車徒歩2分)

真言宗智山派の寺院で、養老元年(717)に、元正天皇の病気平癒のため、行基が那古の浦の海中より香木を得て千手観音像を刻み祈念したところ、直ちに効果があり、元正天皇の勅願によって伽藍が建てられました。今年は12年に一度の御本尊千手観音像御開帳の年にあたります。

石段をあがると仁王門です。

かつては山上にありましたが、元禄16年(1703)の大地震で倒壊し現在の山の中腹に再建されました。
多宝塔は宝暦11年(1761)築、地元の大工さんの施工によるものです。その隣は平安時代後期の阿弥陀如来坐像を祀る阿弥陀堂です。

鐘は1回100円の志納で自由に撞けます。

観音堂は享保年間に建てられ、昨年、大改修を終えました。このお堂の中で千手観音像を拝見しました。

観音堂からは館山の穏やかな海が眺められます。

坂東三十三札所の第33番札所でもあるため、お遍路さんの装束を来た人が大勢参拝に来ていました。南房総だからとっくに桜も満開かと思ったら、都内より咲いていませんでしたバッド(下向き矢印)。御開帳は4月10日まで、来週でも楽しめそうです。
クリックして下さい⇒ 

[ 2009年04月04日 06:56 ] カテゴリ:百寺社巡礼~千葉、茨城 | TB(0) | CM(2)

要石

鹿島神宮と香取神宮の境内にはそれぞれ要(かなめ)石というものがあります。
要石は地上部分はほんの一部で、地中深くまで伸び、地中で暴れて地震を起こす大ナマズを押さえているといいます。鹿島神宮の要石は大ナマズの頭、香取神宮の要石は尾を押さえていわれ、2つの要石は地中で繋がっているともいわれています。

鹿島神宮の要石は奥宮の奥、森更に深いところにあります。こちらは石の表面がへこんでいます。

香取神宮の要石は本殿に参る手前、朱色の大鳥居をくぐった直後に左側に山道を上ったところに位置します。こちらは表面がまん丸です。

水戸光圀は、どちらの神宮の要石かは不明ですが石の周りを掘らせましたが、日沈で中断すると、朝までの間に元通りに埋まってしまったそうです。そのようなことが2日続いた後、次は7日間、昼夜兼行で掘り続けさせましたたが底には達しなかったそうです。

クリックして下さい⇒ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

[ 2008年10月09日 21:29 ] カテゴリ:百寺社巡礼~千葉、茨城 | TB(0) | CM(0)

香取の森

香取神宮を囲む霊験あらたかな森も千葉県の天然記念物に指定されています。 広さは3万7千坪、別名亀甲山と言われています。
またまた画像で森林浴をどうぞ。




 

やはりこちらも、老木がうっそうとし、神秘的な雰囲気が漂っていました。
クリックして下さい⇒ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ

[ 2008年10月07日 19:57 ] カテゴリ:百寺社巡礼~千葉、茨城 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

yukimi

Author:yukimi
yukimis blog

カウンター
08/3/20~:
13/2/24~:
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ(全件)
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム