FC2ブログ

yukimis blog

それが、yukimiクオリティ。
yukimis blog TOP  >  建築探訪~岡田信一郎

明治生命館内観 その2

明治生命館、次は1階へ。なんとも立派な大理石張りの階段。

吹抜けの空間は現役で使用されているお客さま相談センター。
 

応接室。

天井の八角形のくぼみと丸い花型飾り。

この床の大理石はイタリア北部産のロッソブロッカテロ。中世代ジュラ紀(約2億年前~1億35百年前)のものなのだそうです。

したがってアンモナイトの化石が所々に。

現役の営業スペースなので、一般公開は土曜日と日曜日のみ。入場無料で、撮影も商業目的でなければOKです。

明治生命館ホームページ http://www.meijiyasuda.co.jp/meiji_seimeikan/  
東京都千代田区丸の内2-1-1
開館時間 土曜日・日曜日11時~17時、ただし12月31日~1月3日およびビル電気設備定期点検日は休館

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印) [321] 
yukimis blog
ブログランキング・にほんブログ村へ

[ 2013年01月31日 07:53 ] カテゴリ:建築探訪~岡田信一郎 | TB(0) | CM(0)

明治生命館内観 その1

明治生命館、1階、2階の一部が一般公開されています。

まずは2階までの吹き抜けの空間を囲む2階回廊を歩きながら。。。。

会議室はアメリカ極東軍司令部として接収されていた時に、米・英・中・ソの4ヶ国代表による対日理事会が開催されていた場所。

会議室隣の控室。

食堂と暖炉
 

執務室と隣接の応接室。南西側の角、皇居前広場に面した場所にあります。
  

健康相談室。昭和13年(1938)に生命保険会社の社会貢献の一環として設けられ、当時最新鋭であったドイツ製の心電図計が導入されていました。

次は1階です。

明治生命館ホームページ http://www.meijiyasuda.co.jp/meiji_seimeikan/  
東京都千代田区丸の内2-1-1
開館時間 土曜日・日曜日11時~17時、ただし12月31日~1月3日およびビル電気設備定期点検日は休館

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印) [355]  
yukimis blog
ブログランキング・にほんブログ村へ

[ 2013年01月30日 08:09 ] カテゴリ:建築探訪~岡田信一郎 | TB(0) | CM(0)

明治生命館

東京都千代田区、日比谷通りの馬場先門交差点の近く、30階建てのビルは明治安田生命の本社ビルです。平成16年(2004)に竣工した明治安田生命の本社機能と商業施設で構成されています。

高層ビルの手前、日比谷通りに面した古典様式のビルは昭和9年(1934)に竣工した社屋、現在は明治生命館と呼ばれています。明治生命館の敷地と隣接する敷地を合わせて一体で開発を行ったため、後ろのビル建築には通常より高い容積率が認められたわけですね。

指名コンペ方式で、意匠設計は岡田信一郎の案が採用されました。岡田信一郎は yukimi's blog で過去に登場した中では、 大阪市中央公会堂 の設計原案や文京区の 鳩山邸 の設計を手掛けています。昭和5年(1930)に起工、昭和7年に岡田信一郎は急逝しましたが、その後は実弟の岡田捷五郎が設計監督を務めました。

構造設計は東京タワーなどの設計を手掛けた内藤多仲。

太平洋戦争後は、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)が接収、米極東空軍司令部として使用されましたが、昭和31年(1956)に米軍から返還されました。

外観は5層部分を結ぶコリント式の列柱が並ぶ古典主義様式。

柱頭部のアカンサスの葉飾。

平成9年(1997)、昭和の建造物として初めて重要文化財の指定を受けました。土曜日、日曜日は館内の一部が一般公開されます。

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印)     [334]
yukimis blog
ブログランキング・にほんブログ村へ

[ 2013年01月29日 07:48 ] カテゴリ:建築探訪~岡田信一郎 | TB(0) | CM(0)

鳩山会館

鳩山首相誕生記念企画ということで、東京都文京区音羽の丘の上に建つ洋館「鳩山会館」を見学してきた模様を。現在は住んでいる人はいませんが、入館料大人500円で一般見学できます。

鳩山家が文京区音羽に居をかまえたのは明治24年(1891)、この洋館が出来たのは大正13年(1924)です。さすがお屋敷、玄関から建物まで坂道をずうっと登って行きます。

やっと着きました。大きな木に囲まれて玄関前からだとちょっと全容がみえませんが。。。設計は以前yukimi’s blogでも紹介しました大阪市中央公会堂の設計原案を作った岡田信一郎です。

玄関を入り階段を上りますが、振り向くと扉の上に鳩が描かれているステンドガラスが。

まずは2階へ。階段おどり場では五重塔や鳩の大きなステンドガラスが目をひきます。

2階の大広間です。ここは修復前は3つの寝室だったそうです。

窓から芝生の広がるお庭を見下ろしたところです。

正面玄関上のバルコニーです。

1階の応接間です。中央の大きなイスはかつて鳩山一郎元総理が愛用していたそうです。

もうひとつの応接室です。

お庭に出てみました。これぞお屋敷という感じです。

お庭には銅像が。左の写真が鳩山和夫元衆議院議長と共立女子学園の創立者でもある薫夫人。右の写真の銅像は和夫氏夫妻の長男、鳩山一郎元首相、そのまた長男は鳩山威一郎元外務大臣。威一郎氏の長男が今日首班指名により首相になる民主党代表の鳩山由紀夫氏、次男が自民党の総務大臣の邦夫氏と、鳩山家4代にわたっての政治家一族です。

邸内にはいたると所に鳩がいますよ。

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印)   [446]
yukimis blog
ブログランキング・にほんブログ村へ

[ 2009年09月16日 00:08 ] カテゴリ:建築探訪~岡田信一郎 | TB(0) | CM(0)

中之島ネオルネッサンス2 大阪市中央公会堂

中之島の東側、対岸には大阪証券取引所のある北浜に近い場所に建つ大阪市中央公会堂です。

北浜の風雲児と呼ばれた相場師、株式仲買人 岩本栄之助は、明治42年(1909)の渋沢栄一団長の渡米実業団に参加し、アメリカ大都市の立派な公共施設や富豪達による慈善事業や寄付の習慣に感銘し、父の遺産と私財をあわせた100万円を公共施設建設に寄付することを決め、中之島に公会堂を建設することにしました。

設計は、懸賞付き建築設計競技により岡田信一郎案が1位となり、その原案に基き辰野金吾・片岡安が実施設計を行いました。岡田信一郎は東京都文京区の鳩山会館や千代田区の明治生命館などの設計でも知られています。

公会堂は大正2年(1913)に着工、大正7年11月にオープンしましたが、岩本栄之助は相場の変動で大きな損失を出し、公会堂の完成を見ないまま大正5年に自殺してしまいました。

現在でも講演、集会などで使用でき、夜にはライトアップもされます。

よろしければ是非クリックして下さいバッド(下向き矢印) [440]
yukimis blog
ブログランキング・にほんブログ村へ

[ 2009年07月19日 08:06 ] カテゴリ:建築探訪~岡田信一郎 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

yukimi

Author:yukimi
yukimis blog

カウンター
08/3/20~:
13/2/24~:
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ(全件)
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム