FC2ブログ

yukimis blog

それが、yukimiクオリティ。
yukimis blog TOP  >  駅探訪

日立駅(JR常磐線)

IMG_0309_6.jpg

品川から特急ひたち号で2時間弱、JR常磐線日立駅です。日立はかつて日立鉱山の開発により発展し、鉱山閉山後も鉱山機械の修理工場から分離独立して誕生した日立製作所およびグループ各社の企業城下町として今日に至っています。
IMG_0305_6.jpg

日立駅の開業は明治30年(1897)、常磐線の前身、日本鉄道助川駅として。現在の橋上駅舎の供用開始は東日本大震災発生により不通だった常磐線のうち、日立駅を通る電車の運行が復旧した平成23年(2011)4月7日。
デザイン監修は日立市出身の建築家 SANAAの妹島和世氏。妹島氏はこの日立市出身です。平成26年(2014)には鉄道関連唯一の国際デザインコンペ、第12回ブルネル賞の駅舎部門で優秀賞を受賞しています。

日立駅の立地は、太平洋にほど近い段丘の上。ワイドなガラススクリーンに覆われた橋上駅舎は、気軽にいつでも海が眺められる絶好のオーシャンビュースポットになりました。ホームからコンコースに上ってくると、いきなりこの風景です。
IMG_0313_6.jpg

改札口。
IMG_0314_6.jpg 
IMG_0315_6.jpg

まずは改札口を出て左、西側の市街地に面した中央口へ。
IMG_0396_6.jpg 

改札口から駅前広場をつなぐ長い自由通路。風洞実験による構造検討もされたそうです。
IMG_0387_6.jpg  
IMG_0386_6.jpg  
IMG_0379_6.jpg 

駅前広場に出てきました。
IMG_0488_6.jpg 
IMG_0424_6.jpg 
IMG_0427_6.jpg


次は駅の東側、海岸口です。駅周辺には特に商店もなくひっそり。
IMG_0339_6.jpg 
IMG_0504_6.jpg 
IMG_0338_6.jpg  
IMG_0506_6.jpg 

天気のいい時は、おもてに出て風と波の音を聞きながらのんびりと。。。
IMG_0503_6.jpg 
IMG_0328_6.jpg


次回に続きます。

よろしければ是非クリックして下さい yukimis blog
ブログランキング・にほんブログ村へ
[ 2019年05月05日 06:00 ] カテゴリ:駅探訪~デザイナーズステーション | TB(0) | CM(0)

大崎広小路駅(東急池上線)

IMG_8105_4.jpg

東京都品川区大崎4丁目、終点の五反田駅のひとつ手前、東急池上線大崎広小路駅です。
開業は昭和2年(1927)、当時は池上線の終点でした。昭和3年に300m先の五反田駅まで延伸されるまでは山手線への乗換えは徒歩連絡でした。
 
IMG_8107_4.jpg

駅前の跨線橋の下は山手通り、その地下には首都高速。
IMG_8096_4.jpg


大崎広小路駅前から五反田駅に向けて高架の下にはスタイリッシュな飲食店などが並ぶ商業施設「池上線五反田高架下」。
IMG_8103_4.jpg

駅西側に広がる空き地は、簡易保険加入者向け福祉施設でホール、ホテル、宴会場の入る「ゆうぽーと」跡地。日本郵政グループによって2022年に事務所やホテル、ホール、店舗などの複合施設を建てるそうです。
IMG_8093_4.jpg

よろしければ是非クリックして下さい yukimis blog
ブログランキング・にほんブログ村へ
[ 2019年01月31日 22:51 ] カテゴリ:駅探訪~東京23区 | TB(0) | CM(0)

山手駅(JR根岸線)

神奈川県横浜市中区、JR根岸線の山手駅です。みなとみらい、中華街、元町等、みなと横浜の代表する観光地の近くを通る地区と、石油コンビナート等の臨海工業地帯の横を走る地区とのはざま。台地の谷間に立地する駅です。
IMG_8147_4.jpg

駅周辺は駅を底として縦横に上り坂となっています。
IMG_8152_4.jpg

駅の東側、自動車が登ろうとしている坂が「ふぞく坂」と呼ばれています。坂を上ったところにある横浜国大付属小学校が坂の名前の由来。
IMG_8149_4.jpg

ホームの両端のすぐ先はトンネル。
IMG_8139_4.jpg

根岸線は根岸駅近くの製油所で精製された石油を輸送するため、電車以外にもタンク車を牽引した貨物列車や電気機関車をたまに見かけます。
IMG_8140_4.jpg

よろしければ是非クリックして下さい yukimi s blog
ブログランキング・にほんブログ村へ
[ 2018年12月01日 08:39 ] カテゴリ:駅探訪~神奈川・伊豆 | TB(0) | CM(0)

緑が丘駅(東急大井町線)

東京都目黒区緑が丘、東急大井町線緑が丘駅。新興住宅地みたいな駅名の由来は、昭和7年(1932)に荏原郡が東京市に編入された際に定められた地名より。
IMG_6743_4.jpg
IMG_6907_4.jpg

駅改良工事が完了したのは平成5年(2013)。ホーム屋根は幕屋根となり、エレベータ、エスカレータが設置されました。照明やサインはオールLED照明。
IMG_6734_4.jpg 
IMG_6911_4.jpg 
IMG_6905_4.jpg  
IMG_6901_4.jpg  

ホームの向こうは東京工業大学。正面に建つのは太陽電池パネルを約4,570枚が設置され、棟内での消費電力をほぼ自給自足できる環境エネルギーイノベーション棟
IMG_6744_1.jpg

よろしければ是非クリックして下さい yukimi s blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogramyukimis' blog
[ 2018年06月28日 19:17 ] カテゴリ:駅探訪~東京23区 | TB(0) | CM(0)

小島新田駅(京急大師線)

京急大師線の終点、小島新田駅です。京浜工業地帯の入口にあたるこの一帯も、江戸時代後期に干拓し新田開発が行われた、多摩川河口近くの農村地域だったそうです。開発者小島六郎左衛門の姓から小島新田と呼ばれたそうです。
IMG_7011_4.jpg

何もない駅前ですが、近隣の工場へ行く人目当てにタクシーが客待ちしています。
IMG_7012_4.jpg

大師線が川崎大師への参詣路線として誕生したのが明治32年(1899)。その後工場地帯の通勤輸送のため、戦時中、川崎大師駅から小島新田駅の先、入江崎駅まで開業したのが昭和19年(1944)、更に昭和20年(1945)でには桜本駅(川崎区桜本)というところまで延びていたそうです。

IMG_7014_4.jpg

昭和39年(1964)、貨物の塩浜操駅(現川崎貨物駅)建設のため、大師線は操車場の場所より先の線路は廃止され、操車場の目前の今の場所が終点となりました。

IMG_6989_4.jpg

その川崎貨物駅では神奈川臨海鉄道のディーゼル機関車が貨車の入れ替え作業を行っていました。
IMG_7004_4.jpg

川崎貨物駅の北端には東海道貨物線のトンネル入口。多摩川の下、羽田空港の脇を通り、大井ふ頭の東京貨物ターミナルに通じています。右側奥に見えるキングスカイフロントの東急REIホテルへは、タクシーで5分ほど。
IMG_7008_4.jpg

よろしければ是非クリックして下さい yukimi s blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogramyukimis' blog
[ 2018年06月19日 21:45 ] カテゴリ:駅探訪~神奈川・伊豆 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

yukimi

Author:yukimi
yukimis blog

カウンター
08/3/20~:
13/2/24~:
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ(全件)
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム