yukimis blog

それが、yukimiクオリティ。
yukimis blog TOP  > 

来宮神社の夜 その2

大楠のもとへと進みましょう。
IMG_3732_4.jpg

杜の草木に宿る木霊(こだま)を明かりで表現したそうです。屋久島に行かなくてももののけ姫の世界を味わえるとは。。。。
IMG_3794_4.jpg
IMG_3795_4.jpg
IMG_3788_4.jpg

IMG_3733_4.jpg
IMG_3739_4.jpg

大楠五色の杜もライトアップ
IMG_3751_4.jpg

大楠の杜に聞こえるのは糸川のせせらぎのみ。
IMG_3768_4.jpg

この場所で大楠とどれだけの時間、向き合っていたでしょうか。
IMG_3785_4.jpg 

幻想的というありきたりな言葉でお伝えするよりも、とにかくその場で実感していただきたい空間です。

来宮(來宮)神社  http://www.kinomiya.or.jp/
神奈川県静岡県熱海市西山町43-1 
JR伊東線来宮駅徒歩5分
伊豆箱根バス 熱海駅-笹良ヶ台、熱海駅-相の原団地、熱海駅-元箱根 来の宮神社前バス停すぐ


よろしければ是非クリックして下さい yukimi s blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogramyukimis' blog
[ 2017年08月22日 22:11 ] カテゴリ:百寺社巡礼~神奈川、伊豆 | TB(0) | CM(0)

来宮神社の夜 その1

IMG_3839_4.jpg 

静岡県熱海市、夜の来宮神社です。
夜に神社に行くというのはあまりよくない、そうでわないと賛否両論ありますが、来宮神社では、境内と大楠周辺のライトアップ事業「來宮神社 the Kodama Forest Project」として、夜参拝しても心からくつろげる空間を創造しています。
  
IMG_3827_4.jpg

参集殿の授与品受付やカフェは夕方でクローズしていますが、椅子とテーブルは置かれたままなので座ってゆっくりと境内の気を感じられます。 
IMG_3805_1.jpg 
IMG_3820_4.jpg  
IMG_3807_4.jpg  
IMG_3804_4.jpg

弁天岩。古来、神様が宿っていたと伝えられる磐座(いわくら)。
IMG_3819_4.jpg

では大楠のもとへ。

来宮(來宮)神社  http://www.kinomiya.or.jp/
神奈川県静岡県熱海市西山町43-1 
JR伊東線来宮駅徒歩5分
伊豆箱根バス 熱海駅-笹良ヶ台、熱海駅-相の原団地、熱海駅-元箱根 来の宮神社前バス停すぐ


よろしければ是非クリックして下さい yukimi s blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogramyukimis' blog
[ 2017年08月21日 22:10 ] カテゴリ:百寺社巡礼~神奈川、伊豆 | TB(0) | CM(0)

来宮神社の境内がステキな空間になっていました その2

まずは鳥居をくぐって右手にある第二大楠。樹齢は1300年。300年前の落雷の影響により幹の中身がほとんどありませんが、今も青々とした葉をつける驚異の生命力。
IMG_3296_4.jpg 
IMG_3295_4.jpg 
IMG_3297_4.jpg

続いて境内奥の樹齢2000年の第一大楠へ。参道も整備され、大楠は御幌の先に。
IMG_3318_4.jpg

樹齢2000年の風格です。
IMG_3320_4.jpg

大楠横の高台に昨年9月に誕生した大楠五色の杜。参拝者の休憩施設、奉納行事の舞台、婚礼などに使われ、より大楠のパワーをじっくり受けられる空間ができました。
IMG_3324_4.jpg 
IMG_3325_4.jpg
IMG_3331_4.jpg

いっぱいパワーをいただきました。

よろしければ是非クリックして下さい yukimi s blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogramyukimis' blog
[ 2017年08月20日 00:00 ] カテゴリ:百寺社巡礼~神奈川、伊豆 | TB(0) | CM(0)

来宮神社の境内がステキな空間になっていました その1

来宮(來宮)神社 (JR伊東線来宮駅徒歩5分)
〈御祭神〉大己貴命、日本武尊、五十猛命
IMG_3283_4.jpg

久々に静岡県熱海市、来宮神社へ。
御祭神の五十猛命をこの地に祀ってからの御鎮座1300年記念事業として、境内の整備が行われました。題して「心さやかに参拝できる環境つくり」プロジェクト。
和銅3年(710)に熱海湾で漁師の網に木像が入ったので松の木の下に祀ると、五十猛命が現れ、波の音の聞こえない7本の楠の木のある場所があるから私を祀りなさいと告げられ、村民は現在、来宮神社の鎮座するこの地を探し当てたそうです。

IMG_3280_3.jpg 
IMG_3294_4.jpg 

参道もキレイになり、撮影スポット前には自撮り用のスタンドが。

IMG_3288_4.jpg 
IMG_3342_1.jpg IMG_3383_4.jpg 

新しい参集殿。殿内の授与品受付はホテルのフロントみたいな感じ。
IMG_3314_4.jpg 
IMG_3349_4.jpg

参集殿には更にカフェが。
IMG_3315_4.jpg 
IMG_3346_4.jpg 

神社の境内にしてはあまりにもステキ。

IMG_3353_4.jpg

ハート形に集められた枯葉。神社なのでハートというよりは猪目模様なのでしょうか。
IMG_3342_4.jpg

社殿にも猪目模様。ハート模様は西洋のみならず、日本でも古来から使われていた模様なのだそうです。
IMG_3357_4.jpg

それでは大きな樟の木のパワーを戴きに。

来宮(來宮)神社  http://www.kinomiya.or.jp/
神奈川県静岡県熱海市西山町43-1 
JR伊東線来宮駅徒歩5分
伊豆箱根バス 熱海駅-笹良ヶ台、熱海駅-相の原団地、熱海駅-元箱根 来の宮神社前バス停すぐ


よろしければ是非クリックして下さい yukimi s blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogramyukimis' blog
[ 2017年08月19日 20:21 ] カテゴリ:百寺社巡礼~神奈川、伊豆 | TB(0) | CM(0)

来宮暗渠

JR伊東線来宮駅前の県道を熱海方向へ坂道を下っていくと、左手に東海道線、伊東線の築堤の下に二つのトンネルがあります。
来宮暗渠と呼ばれています。トンネルの先は来宮神社。
IMG_3362_4.jpg

着工は東海道線の丹那トンネルの掘削が始まったのと同時期の大正7年(1918)。東海道線の築堤を造る際、当地を流れる糸川と道路を通すためのトンネルを二つ造りましたが、その後、交通量の増加から川の上に蓋をして暗渠化し、二つのトンネルで対面通行できるようにしました。

IMG_3269_4.jpg
IMG_3228_4.jpg

来宮神社の境内の横を流れる糸川は、ちょうど鳥居の横から道路の下を流れ、東海道線・伊東線の築堤、県道をくぐります。
IMG_3330_4.jpg 
IMG_3277_4.jpg

トンネルの下を流れる糸川は黄色い看板のある建物の横にでてきます。
IMG_3273_4.jpg

傾斜地が多い熱海の街を流れ、春にはあたみ桜のキレイな熱海銀座をぬけて海に注ぎます。
IMG_3267_4.jpg

よろしければ是非クリックして下さい yukimi s blog
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogramyukimis' blog

[ 2017年08月18日 00:00 ] カテゴリ:街角 | TB(0) | CM(1)
プロフィール

yukimi

Author:yukimi
yukimis blog

カウンター
08/3/20~:
13/2/24~:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ(全件)
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム